大塚愛が9月9日に、東京・日比谷野外大音楽堂でデビュー15周年を迎えるアニバーサリー&バースデーライブ『大塚 愛 LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~』を開催する。開催にあたり大塚は「15年も音楽を仕事にできる環境にいれたことに奇跡と感謝を強く感じます」と感謝の気持ちを述べ、「一期一会を歓び、ともに祝したい」と呼びかけた。

 今回の公演では15年間の中で出逢った一人ひとりのファンに、過去から現在までの全シングル曲を、ギター、ベース、ドラム、キーボードにストリングスやホーンセクションも加えたフルバンド編成で実施。

 大塚は「私みたいなものが15年も音楽を仕事にできる環境にいれたことに奇跡と感謝を強く感じています」とファンに感謝のコメント。

 そして、「皆さまと楽曲達との一期一会を歓び、ともに祝したいと思いますので、ファンでも好きでもない方も、知っている楽曲がありましたらどうぞ、懐かしみに来てください」と本公演の開催にあたって意気込みを述べた。

 大塚は2003年9月10日に、シングル「桃ノ花ビラ」でデビュー。同年12月にリリースした2ndシングル「さくらんぼ」が大ヒット。翌2004年に『第55回NHK紅白歌合戦』に初出場。昨年3月には主題歌を担当したフジテレビ系ドラマ『嫌われる勇気』に婦人警官役でゲスト出演するなど、多岐に渡り活躍している。

記事タグ