人気ヒップホップグループ、ET-KINGのリーダー・いときん(本名=山田祥正)さんが1月31日、癌性心膜炎のため亡くなった。38歳だった。

 公式サイトによると、いときんさんは1月19日に体調が急変、大阪府内の病院で治療を受けていたが、1月31日の午前11時28分、癌性心膜炎のため亡くなった。

 いときんさんは、昨年8月にステージ4の進行性肺腺がんであることを公表。ライブ活動を休止し、治療に専念していたが昨年12月28日、大阪・Zepp NambaでおこなわれたET-KING全国ツアー『えびす巡業~出稼ぎ篇~』の最終公演に出演。

 4月25日にリリースされる予定のET-KINGのニューアルバム『LIFE』には、全曲レコーディングに参加していたという。

 通夜は2月3日、葬儀告別式は4日に大阪・やすらぎ天空館で執りおこなわれる。会場入口付近にはファンのための記帳台が設けられる。

 公式サイトでは「いときんの生前に賜りましたファンの皆様からの励ましのお言葉、関係各位のご厚情に対し深く感謝いたしますとともに、謹んでお知らせいたします」と伝えている。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ