元乃木坂46の深川麻衣が30日、東京・調布のベーカリー&カフェ「ルパ」調布店で、一日店長を務めた。映画『パンとバスと2度目のハツコイ』公開記念を記念しておこなわれたもので、深川は店長として、抽選で選ばれた30人のファンに、劇中のアイテムである「くまさんパン」を、笑顔で手渡しした。

 『パンとバスと2度目のハツコイ』は、結婚までの踏ん切りをつけることができない女性と、その初恋相手の男性との恋愛模様を描いたラブストーリー。ヒロインの市井ふみ役を深川、ふみの初恋相手・湯浅たもつを三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの山下健二郎が演じる。また、今回映画の主題歌「Puzzle」を、Leolaが楽曲提供、歌唱している。

 劇中に登場する、深川が扱うパンの一つである「くまさんパン」は、2月10日から期間限定で東京調布のベーカリー&カフェ「ルパ」調布店で実際に販売されることが、先日の完成披露試写会で発表されていた。今回はその店舗の前で実施された。

「くまさんパン」を手渡す深川麻衣(撮影=桂 伸也)

 この日のイベントで劇中のパン屋の衣装で登場した深川は、役作りのために、パン屋の職人に朝の仕込みなどのレクチャーを受けたことを振り返りながら「本当に撮影から久し振りにきて気持ちが引き締まるというか。あのときのいろんな気持ちがよみがえってきました」とこの姿に抱く思いを語る。

 日常でもよくパンを食べるという深川。お気に入りはクロワッサンで「焼き立てだったら嬉しいけど、冷めてもぱくぱく食べます」とかなりの好物のよう。またこの日はイベント前に「くまさんパン」も「いきなり顔を食べる勇気はなくて、耳を片方ずついただいてから…」と控えめに食べてきたことを明かす。

 また深川は、改めて作品について「本当に今泉監督ワールドがあふれている」と表現し「言葉もすごくグサッとくるものがたくさんあるけど、言葉と言葉の間の時間もすごく見ていて大切な時間になってくるので、是非その時間を想像して見ていただければ嬉しい。お互いのせりふを聞いている表情とか」と見所を語りながら「自分にとって大切な作品なので、たくさんの人に見ていただければと思います」と作品をアピールした。【取材・撮影=桂 伸也】

記事タグ