ダンスロックバンドのDISH//メンバーの矢部昌暉(Gt、Cho)が28日、東京・玉川高島屋S・C 西館1F ARENA HALLで今月9日に20歳の誕生日を迎えたことを記念した生誕祭「20歳の館へようこそ!!」を開催した。矢部は「これからは大人っぽさ、色気を出していきたい!」と大人となった目標を語った。

 矢部が20歳を迎え、メンバーは全員が20代となった。この日は「お客さんともっと仲良く」をコンセプトに、まるで自身の館に招待するようにプロデュースした内容で、“昌暉の昌暉による昌暉とスラッシャー(ファンの呼称)の為のお祝いイベント”と銘打たれた。

 ファンにはお馴染みソロ曲「PaPaPaパンティー!」で笑顔いっぱいに登場した矢部は、ステージから180度開けている客席を練り歩いてステージへと向かう。20歳を記念して初めて飲むワインで乾杯すると、「なるほど~…」と渋い表情をこぼしていた。

初ワインに挑戦した矢部昌暉

 最初の企画はビンゴゲーム。ビンゴを達成した人には矢部から直接“胸キュンワード”を目の前で言ってもらえる豪華な権利が与えられ、ラッキーな5人のファンの歓喜の声が上がった。

 次は矢部マニアになる為の◯×クイズ。「お腹の中にいる時に呼ばれていた名前は?」など、もはや家族でしか分からないような超難問を勝ち抜いた5人には、サイン入りグッズがプレゼントされた。

 そして終盤、ライブコーナーでは3曲を披露。back numberの「僕の名前を」、中島みゆき「糸」をしっとりとカバーし、最後には自身の作曲した「僕の太陽」を観客と一緒に歌い、大団円で幕を閉じた。

 生誕祭を終えた矢部は「二十歳を迎えて大人になりましたが、今までのハッピーな雰囲気はもちろん生かしつつ、これからは大人っぽさ、色気を出していきたい!」と力強く語った。

 DISH//は春から全国8都市9公演に及ぶツアーを予定。また、29日からニューシングル「勝手にMY SOUL」の先行配信もスタートしている。

この記事の写真

記事タグ