初日舞台挨拶に出席した山本未來、原田泰造、小西真奈美

 原田泰造(47)主演の映画『ミッドナイト・バス』が27日、公開初日を迎え、初日舞台挨拶がおこなわれた。原田ほか、共演の山本未來(43)、小西真奈美(39)、七瀬公(23)、舞川みやこ、長塚京三(72)、竹下昌男監督が登壇、映画の撮影を振り返った。

初日舞台挨拶に出席した原田泰造

 『ミッドナイト・バス』は、第27回山本周五郎賞と第151回直木賞の候補に選出された、作家・伊吹有喜さんの小説を原作とした実写映画。東京から故郷の新潟に戻り深夜バスの運転手として働く男と、別れた元妻の再会をきっかけに、離れ離れの家族が新たな道を歩み始めるまでの様子を描いた。

 主人公・利一を演じる原田は本作で長距離バスの運転手役。撮影に向けて実際に大型自動車免許を取得し劇中ではバスの運転を披露している。自動車学校の教官との相性が良く、試験は一発で合格したことを明かた原田は「新潟交通の教官が『いい腕してるね。運転手になれるよ』と言ってくれた」ことを明かすとともに、「あとトラックの運転手もできます。任せて下さい」と新たに取得した技能をアピールした。

初日舞台挨拶に出席した山本未來

初日舞台挨拶に出席した小西真奈美

 利一の元妻・美雪役を演じた山本は、その複雑な設定に難しい演技だったと振り返りながら「決め付けずに演じられたら」と役柄にさまざまな視点で向き合ったことを回想する。一方で共演の原田に対して「最高ですよ、原田さんは。役の利一さんは頼りないんですけど、泰造さんが演じられているので、それすら魅力になって、惹きつけられました」と絶賛。原田は照れながらもまんざらではない表情を見せた。

 また、利一の恋人・志穂役を演じた小西は「すごく不器用な女性でもあり、10年間ずっと寄り添って向き合ってまっすぐに向き合っていこうとする女性、そこがいじらしいような、もどかしいような」と自身のイメージした女性像を明かし「後半の方では、いろんな二人のこととかも、まっすぐにいききれない大人ならではのことがあるので、そこは是非楽しみに見ていただければ」と自身の出演シーンを振り返った。

 そんな山本と小西に挟まれた原田に対して長塚は、本作の見所を「この映画の学習点としては、原田泰造さんががなぜこんなにモテるのか、それを研究するのが一つのいい見方」などとコメント、対して原田は「今(僕の両隣には役として)お付き合いしている方と、別れた元妻なんですけど、今、間に挟まれて汗をかいて。まだドギマギしている状態です。役が抜けきれていないんでしょうね」と焦る様子を見せ、会場を沸かせていた。

 なお、テーマ曲「ミッドナイト・ロード」は、ヴァイオリニストで作曲家の川井郁子が手掛けた。【取材・撮影=桂 伸也】

記事タグ