福山雅治が24日に、約3年ぶりの全国ツアー『WE’RE BROS.TOUR 2018』の初日となる大阪城ホール公演をおこなった。福山は「3年ぶりのツアー、3年間の変化・進化をお楽しみ頂ければ」と未発表曲含む全23曲を披露。ステージの最後には新たにドーム公演の開催も発表し、集まった観客を喜ばせた。

 福山がステージに登場するや否や待ってましたとばかりに大歓声が上がり、最初からアップテンポなロックナンバーに客席は一気に最高潮の盛り上がりを見せる。福山は「始まりましたよ! ツアーが!」「3年ぶりのツアー、3年間の変化・進化をお楽しみ頂ければと思っております!」と、このツアーに対する意気込みを叫んだ。

 ライブでは、オリコン週間ランキングで9作連続1位を獲得し、自身の持つ男性ソロアーティスト最多記録を更新した楽曲である「聖域」や、ヒット曲「KISSして」「桜坂」「化身」など、未発表曲含む全23曲をパフォーマンス。

福山雅治(提供写真)

 そして、最後のMCで「もう1回この大阪、帰ってきてもいいですか?」と切り出すと、会場からは思いがけないサプライズに割れんばかりの歓声と拍手が沸き起こった。

 「いつどこに帰ってくるのか? 言ってもいいですか?」と、それが約4年ぶりとなるドーム公演だという事をステージのビジョンで発表。嬉しいサプライズに会場のボルテージは上がったまま、福山は次なる約束とともにステージを後にした。

 この日発表されたドーム公演は、5月19日・20日に京セラドーム大阪で、5月26日・27日に東京ドームで開催される予定。

記事タグ