田口 淳之介が24日、自身初のワンマンライブ『JUNNOSUKE TAGUCHI LIVE TOUR 2018 DIMENSIONS』をZepp名古屋でスタートさせた。

 1stアルバム「DIMENSIONS」を引っさげてのワンマンツアー。今週に入って東京で4年ぶりの大雪、そしてツアー初日の24日の名古屋も午後から雪が降り始めた。そんな寒波の中、どんなステージなるのかと集まったファンは開演を待った。

 定刻の午後7時、「DIMENSION」から遂にショーがスタート。本ステージに加え、センターステージ、上下の花道、と会場のどの角度からも等距離で田口を見ることができるステージとなっており、抜群のスタイル、長い手足の動きの細部に到るまで存分に堪能できる空間となった。

田口 淳之介。オリラジ中田敦彦と握手

 今回、「Moments」としてバックダンサーを務める4人は全員10代で構成され、既にダンス暦14年クラスの新世代のダンサーたちとなった。田口の求める「魅せるパフォーマンス」を体現している。

 また兼ねてから親交の深いオリエンタルラジオの中田敦彦が名古屋公演を観覧。中盤のMCで突然田口から舞台に呼び込まれ、「相変らず美しい」と感想を述べた。そしてなんとダンサーも含め全員で「PERFECT HUMAN」をやることになり、会場は大盛り上がりとなった。

 後半にはアルバムにも参加していて全公演にゲスト出演が決定しているDAZZも登場。

 本編全21曲、約2時間のステージは今の「田口 淳之介」を余すところなく表現していた。2月1日@大阪、2月2日@福岡、そして2月8日@東京ファイナルへとステージを重ねる毎に進化する田口のパフォーマンスに期待が膨らむ。

■ライブ情報

JUNNOSUKE TAGUCHI LIVE TOUR 2018『DIMENSIONS』
2018年1月24日(水) 名古屋@ Zepp Nagoya
2018年2月1日(木) 大阪@ Zepp Osaka Bayside
2018年2月2日(金) 福岡@スカラエスパシオ
2018年2月8日(木) 東京@ Zepp Tokyo

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)