ラッパーのECDこと、石田義則さんが24日午後9時36分に、入院先の病院で亡くなった。遺族が25日、ECDさんのツイッターで伝えた。

 ツイッターでは、「家族による代筆です。昨夜21時36分、ECDこと石田義則は入院先の病院で息を引き取りました。家族と友人達に見守られながらの最期でした。これまで応援してくださった皆さんには深く感謝申し上げます。本当にありがとうございました。告別式につきましては決まり次第こちらでお知らせします」と綴られている。

 ECDさんは2016年9月に「先程主治医から説明を受けました。上行結腸と食道に進行癌とのことです。延命治療がんばります!」と進行性のがんを患っていると告白。闘病中だった。

記事タグ