俳優の松坂桃李と女優の沢尻エリカが23日、都内でおこなわれた映画『不能犯』(2月1日)公開直前イベントに登場。映画の撮影を振り返った。

 本作は、漫画雑誌『グランドジャンプ』(集英社)に連載の、宮月新原作、神崎裕也作画の人気コミックを映画化したサスペンスストーリー。何度も変死事件現場で目撃され容疑を掛けられながら、誰もその犯行を立証できないという主人公が、暗躍する姿を描く。

 『戦慄怪奇ファイル』シリーズなどを手がけた白石晃士監督がメガホンを取り、人の心をいともたやすくコントロールし、絶対に立証不可能な方法でターゲットを射止める主人公・宇相吹正(うそぶき ただし)役を松坂、宇相吹が唯一コントロールできない、正義感溢れる女刑事・多田友子役を沢尻エリカが演じる。また今回、主題歌には、ロックユニット・GLIM SPANKYによる「愚か者たち」が使用される。

舞台挨拶に出席した松坂桃李(撮影=桂 伸也)

 松坂は「2月頭でこんな背筋がぞくっとするようなこんな作品が出るというのはどんな感じなんだろうと。反応を楽しみにしています」と公開を待ち遠しい表情をみせと、沢尻も「試写を見ていて、思いのほか『怖っ!』くらいなショックがあって。でも私は、そういうの大好きなんです」と、ホラー的な要素が見られることを示唆する。

 他方、松坂は「ホラー映画はNG」と断言、怖がりな性格である様子を見せるが、沢尻が今回の撮影でも恐怖スポット的なロケに松坂が参加していたことを指摘すると「だからちょっとあの時いやな感じがしたんですよ。白石監督が、もともとそういうのを探す権威ですからね。そういう場所見つけるのが得意で、行っちゃうから…」と。

 一方で現場ではライバルとして、カメラが回っていない場所でも、自然と仲良くしなかったことを明かし、沢尻は松坂に対して「話しかけづらいオーラがあって。回ってないところでそういうのがあったのはさすがでしたね」と好評価。しかし松坂は「孤独感はありましたね。ようやくコミュニケーションをとり始めたのは打ち上げとか中打ちくらいからですから」と苦労も多い撮影だった様子をを振り返った。

 また、この日はサプライズゲストとしてメンタリストDaiGoが登場。試写を見た感想として、自身のメンタリストというステータスと、主人公の性格に共通点を見出し、非常に共感したことを明かす。さらに「よく使っている台詞が出ている事に驚きました。『愚かだね、人間って』という台詞があるんですけど、日に3回くらい出るんです」と語り、さまざまな意味で会場にどよめきを呼んでした。

 このイベントでメンタリストDaiGoは、まさにその主人公に合わせたコスチュームに、カラーコンタクトまで入れるという入れ込み様。そんな映画の印象として「自分も周りからこういう風に見られている可能性があるんだと、自分を見つめなおしました」としみじみ語っていた。【取材・撮影=桂 伸也】

記事タグ