歌は表現するためのツール

——「Good Life」の歌に関して気を付けた事はありましたか?

 実は僕にとって“歌”というものは、そこまで大事なファクターではなくなっています。最初は「歌が上手い男の子」として、アポロ・シアター(米国で有名なクラブ)の映像とともにデビューしたので、正統派シンガーみたいなイメージがあると思うんですけど、自分の音楽性はもっとヒップホップに寄っています。あくまで歌よりも「これを言いたい」「これを表現したい」という事が最優先なんです。

 歌が好きだったし、もちろん上手に聴かせたいという事がありましたけど、今はそこを意識する事はあまりありません。それよりも表現するためのツールでしかないんです。それもやっぱり『PROUD』からです。自分の好きな音作りを追及していった結果、きれいに歌う事が自分の音と合わないと思いました。

 Auto-Tuneを使う事への抵抗も全然ないですね。あくまで自分の表現したい事とそれが合うなら歌いますし、歌を絶対聴かせたいという、こだわりはないんです。(編注=Auto-Tuneとは音程補正プラグインでイレギュラーな使用方法で独特な“ケロケロ”声に加工することもできる)

——「自分の音楽性はヒップホップに寄っている」と仰ってましたが、現在の日本のヒップホップシーンについてはどうお考えですか?

 僕は凄く日本のヒップホップが好きです。やっぱりR&Bは日本語との相性という意味で凄く難しいんです。でもヒップホップは日本語でやる意味が凄くあると思っていて。僕を考察してくれているネット記事がありまして、その内容は主に歌詞の事なんです。R&Bにユーモアは難しくて、その日本語のR&Bにおける、ユーモアや情緒との相性はとても難しいと思っています。

 その点、ヒップホップは日本語でオリジナルな文化を築いていける気がしています。R&Bで言いたい事が言えないので、ヒップホップをやっているという感じもあります。ただ面白いですけど、本当の意味で面白いヒップホップの凄いものはまだ注目されてないですね。もう少しライトなところに人気が集まっている気がします。でも、昔に比べれば素晴らしく市民権を得たと思います。

——客演したい、客演してもらいたいアーティストはいますか?

 たくさんいますよ。jjj(川崎在住のトラックメイカー/プロデューサー)はラップもトラックも大好きです。『FLY』ではIO、YOUNG JUJUともコラボレーションしました。彼らはjjjとも仲が良いので、いずれ何かをやりたいなと思っています。

——jjjさんは韓国人ラッパーともコラボレーションしていたのが記憶に新しいですが、清水さんは韓流ヒップホップをチェックしていますか?

 「意識してる?」とよく聞かれますが、僕は正直あんまり知りませんでした。でもYouTubeでたまに見ると、格好良いなと思います。割と接点もあって、僕の音楽を聴いてくれる人がK-POPのアーティストでも多いんです。これから僕もちゃんと勉強しようと思います。

 音楽的な面で「K-POP凄く良いよね」と今なっていたら、僕のサウンドも届くと思います。どちらかというと日本では人に注目が集まっていますよね。ヒップホップ的な音で売れているのに、実際そういうサウンドに対する抵抗がまだあるのが難しいところです。

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。