ロックバンドのグッドモーニングアメリカが20日に、東京・八王子Match Boxで全国ツアー『502号室のシリウスツアー』の東京公演を開催。そのステージ上で、前身バンドである「for better, for worse」の楽曲を、メンバーが当時の格好でサプライズでプレイ。グドモとの“対バン”ライブを披露した。懐かしい楽曲に当時からのファンは歓喜の声を上げた。さらに、for better, for worseのベストアルバムが発売されることもアナウンスし、金廣真悟(Vo、Gt)は「僕らの歴史の一つでもある、昔の曲も聴いてもらえたら嬉しい」と呼びかけた。

“fではじまる八王子のバンド”

グッドモーニングアメリカ(撮影=watanabe'kool'syo)

 グッドモーニングアメリカの前身バンドであるfor better, for worseは、エモやメロディックサウンドを基調としたロックバンド。かつてはTOTALFATとスプリットEPをリリースしている。この日の対バンは“fではじまる八王子のバンド”として事前に明かされておらず、会場を埋め尽くしたファンの前にサプライズで登場した。

 渡邊幸一(Gt、Cho)、ペギ(Dr、Cho)、たなしん(Ba、Cho)、金廣真悟(Vo、Gt)が、普段の装いとは異なる黒いジャケット姿で登場すると「a waning moon」のイントロで会場から悲鳴に似た歓声があがる。金廣が「ただいまです! 八王子」と叫び、続けた「angel's ladder」では、パンキッシュなステージで序盤から熱気溢れるライブを繰り広げた。

 渡邊は「どうも“fではじまる八王子のバンド”です」と挨拶すると「今年グッドモーニングアメリカ10周年、ありがとうございます。ということで、15年前から八王子で活動していた『for better, for worse』を記念すべき年にやろうじゃないかと企画しました」と説明。

 金髪がトレードマークのたなしんは、当時さながらの黒髪になり「いつから道を踏み外したんだろう?」と笑いを誘い「どっちが本当の自分なのか迷子です」と両バンドでの自身を重ねてみる。一方、当時はメンバーでなかったペギは「私は初ライブなんですよ」と緊張していたことを報告すると「当時ドラムを担当していた本人の方がさっきご挨拶に来てくれて、こんな気まずいことはない」と笑顔で明かした。

 たなしんのベースから始まる「the landscape back to us」、「unchangeable」と渡邊がボーカルをとり、コーラスを歌う金廣も楽しげにパフォーマンス。続く「in the rain」もイントロから歓声があがり、当時から応援しているファンの興奮もひとしおの様子だ。「350 miles away」では、ペギのビートに合わせてクラップが沸き起こり、金廣は「いいですね、フォーベターの頃はなかったです、こんなの」と喜んだ。

グドモのステージ

グッドモーニングアメリカのステージ((撮影=watanabe'kool'syo)

 その後のMCでは、「ファン投票のベストアルバム発売」などを発表した、グッドモーニングアメリカのバンド結成10周年を記念した企画「10くらいの恩返し」の4つ目の公約として、for better, for worseのベストアルバムを発売することを発表。渡邊は「僕らの歴史の一つでもあるわけだから、昔の曲とかも聴いてもらえたら嬉しい」と想いを伝え、「今日は“fではじまる八王子のバンド”としてだけど、(for better, for worseとしての)一夜限りの復活ライブもあるかもですよ」とアナウンスし、会場からは期待の声があがった。

 その後も当時の思い出話に花を咲かせ、終始楽しそうなメンバー。久しぶりにボーカルをとった渡邊は「本当にボーカルって大変だなと思った。喉、超痛いもん! ポリープできてんじゃないかなと思うくらい!」と語り、金廣が「活動休止しなきゃ!(笑)」と返す自虐的な掛け合いも。

 さらに金廣は「このまま『ヨンフェス』なんかも出れたら嬉しいです」「ハイスタと対バンとかね」と笑顔で意気込みを語る。そして、ラストスパートに「i'm sorry, thank you」「heartstrings」と続けると、最後は「never forget your mind」を汗をほとばしらせながら全身でプレイし、熱いステージを締めくくった。

 続くグッドモーニングアメリカのライブは『502号室のシリウスツアー』の“シリウス君”に扮した犬の姿でたなしんが登場。その後、衣装をチェンジしたメンバーが登場し、「風と鳴いて融けてゆけ」「ウォールペーパーミュージックじゃ踊りたくないぜ」とシンガロングを巻き起こしながら、再び会場をヒートアップしていく。

 いつも以上にテンションの高まっている様子の渡邊は「何せある意味“ワンマン”だからさ」と説明すると、たなしんも「いつものアレ、ちょっと早めにやらせてもらっていいですか?」と恒例の「ファイヤー!」を序盤で投下し、一体感溢れるライブを展開。

 「for better, for worseをやってた頃の冬の思い出の歌」と金廣が明かした「She's…」など、最新アルバム『502号室のシリウス』からの楽曲を織り交ぜながら、アンコールは金廣が「感謝の気持ちでいっぱいです」と語り、「空ばかり見ていた」でライブを終えた。

 なお『502号室のシリウスツアー』はワンマンライブ追加公演を加えて、3月25日の東京・渋谷TSUTAYA O-EAST公演まで続いていく。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)