「偽膜性声帯炎」のため全国ツアーの名古屋公演を延期していた絢香が18日、公式サイトで20日の栃木・宇都宮市文化会館公演から復帰することを報告。

 絢香は11日に、「偽膜性声帯炎」のため13日・14日に開催を予定していた愛知・名古屋国際会議場センチュリーホールでの全国ツアー『Acoustic Live Tour 2017-2018 ~3-STAR RAW~』の名古屋公演の延期を発表していた。

 昨年末に医師に「急性上気道炎」の診断を受け、治療していたが12月26日の日本武道館公演後に「偽膜性声帯炎」を引き起こし、声が出ない状態だったという。

 公式サイトには「多くの方々から温かい声をかけて頂き、本人、スタッフ一同心より感謝申し上げます」とファンからの声援に感謝が。20日栃木・宇都宮市文化会館、21日新潟県民会館の公演は予定通り開催するとのこと。延期による振替公演は、3月7日に愛知・名古屋国際会議場センチュリーホールでおこなう。

 『Acoustic Live Tour 2017-2018 ~3-STAR RAW~』は昨年9月3日の千葉県文化会館大ホール公演を皮切りに、今年2月11日の福岡サンパレスホテル&ホール公演まで全34公演をおこなう予定だった。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)