左から伊藤、衛藤、久保

 乃木坂46の衛藤美彩(25)伊藤純奈(19)久保史緒里(16)が出演する舞台『三人姉妹』が17日から2月4日まで、東京・銀座の博品館劇場で上演される。それに先駆け、報道陣向けに公開ゲネプロがおこなわれ、作品さながらのリアルな“三人姉妹”ぶりを見せていた。

 『三人姉妹』は、ロシアの文豪・チェーホフの四大戯曲の一つで、モスクワへの帰郷を夢見ながら、理想と現実の狭間で揺れ動く姉妹の姿を描く。長女・オリガ役を衛藤、次女・マーシャ役を伊藤、そして三女・イリーナ役を久保と、乃木坂46の1期生、2期生、3期生が三人姉妹を演じる。演出は若手女性演出家の赤澤ムックさん。

衛藤美彩

 28歳という設定の、中学校教師役というオリガを演じる衛藤は「台本を読んでいて、何でこうしないんだろうと理解できないようなシーンもあって」と役柄への入り方に若干抵抗があった様子だが「『あまり深く理解しないほうがいいよ』と言われて、客観的に考えてみたり。舞台技術とか関係なくセットともかわいいので、あまり考えずに世界観に入っていけるなと」と、それほど苦労もなく舞台に入り込めた様子。

 今回の先輩方との共演に対し、久保は「今までと違う環境が違ったので不安もあったけど、先輩方がすごく話してくださったり、ほかの役者の方も話しかけていただいて、途中から緊張もなく、学ぶことも多かった」と充実した稽古期間を過ごした模様。

 一方、今回の姉妹という役柄を演じるに当たって、衛藤は「乃木坂のほうでも年長なので、リンクするなといろいろ考えながらやっていました。(乃木坂では)妹が43人くらいいるので、(役作りという意味では)まったく困らなかったけど」と振り返る。

衛藤美彩に甘える久保史緒里

 久保も衛藤に対し「もとから話しやすい」と親しみを感じていた模様。伊藤も「かもし出すオーラが長女というか。自分で意識しなくても私たちが『お姉ちゃんだ』と思うところが。立ち振る舞いからお姉ちゃんだし、メイクとかも『ここもっと足したら』と言ってくれたり、やってくれたり」と良き“お姉ちゃん”ぶりを発揮していた模様。

 そんな中で衛藤は久保に対して「でも、この子はやったメイクをすぐぐちゃぐちゃにしちゃうし…」と漏らすと、久保は「それ、言っちゃだめだって!」と衛藤の腕を引いて、妹らしい可愛らしげな一面を見せる。

 さらに舞台の苦労を尋ねられ、久保は「稽古自体は進んでいく中で毎日すごく楽しいなと思ってやらせてもらっていたけど、(役柄として)常にテンションが高いので、それをキープしているのは、大変だったかも…」と語りながら、途中でいきなり言葉につまり、「…どうしよう」と衛藤の方を向いて助けを請うような目線。それに応え衛藤は「大変でした」と続けてフォロー、リアルな“お姉ちゃんぶり”を見せ、ほのぼのとした雰囲気をかもし出していた。

伊藤純奈

 一方、人妻ながら外の世界にあこがれるというマーシャを演じる伊藤は、稽古の苦労話として「ほかの人がしゃべっているときに、(役柄として)それを聞いていない、というシーンがあるんですけど、どうしてもその話を聞きたくなっちゃうところがあって、そこは苦労しました」と、“次女らしい”奔放な性格の一端を見せていた。

 こんな三人を見て赤澤さんは「今や姉妹感出ていますね」と本当の姉妹のような雰囲気を感じていることを明かしながら「初対面の印象は忘れていまして。長い稽古時間でなくても、この3人に向き合って、今女優としての印象しかない」と乃木坂46のメンバーであることを抜きに向き合ってる様子を語る。

 また三人については「衛藤さんは優等生キャラ。それは努力家だということだと。たとえば今日できなかったことが、翌日にはそれを超えている。伊藤さんはパッションというか感性が豊か。こっちが出した問いに思いがけない答えを返してくれたり。久保さんは稽古場のマスコットのように愛され、彼女がいることで現場が進む。また役には体当たりで演じてもらっている」と3人に賞賛の言葉を贈っていた。【取材・撮影=桂 伸也】

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)