氷川きよしが30日に、ニューシングル「勝負の花道」をリリースする。17日には、カップリング曲の異なる3タイプのジャケットのビジュアルを公開。氷川は新曲について「自分自身に勝っていきたい! という想いで歌わせていただきます」と曲に込めた想いを述べた。

 同曲は、2018年の勝負曲として氷川が贈る全世代に向けた王道の応援歌。シングルAタイプに「柔道」、Bタイプに「恋次郎旅姿」、Cタイプに「俺ら江戸っ子 浅太郎」と、それぞれ異なるカップリング曲とビジュアルの3タイプで発売される。

 氷川は新曲について「昨年12月の東京国際フォーラムでのスペシャルコンサート『きよしこの夜vol.17』で初披露し、大きな反響をいただきました。2020年のオリンピックイヤーはデビュー20周年となります。選手の皆様に歌でエールを送ると同時に、僕も歌の道ひとすじに、自分自身に勝っていきたい! という想いで歌わせていただきます」と語る。

 さらに、「2017年は、アニメ『ドラゴンボール超』のOPテーマ『限界突破×サバイバー』やGReeeeNさんに作っていただいた『碧し』など、ロック、ポップスの素晴らしい楽曲に挑戦させていただく中で、あらためて演歌の良さを再認識し、2018年はこれまで以上にしっかり、どっぷりと演歌を歌っていきながら、演歌以外のジャンルにも挑戦を続けていきたいという決意から、カップリングも“すべて演歌”の楽曲にさせていただきました。2018年の勝負曲『勝負の花道』が、デビュー20周年へ向けての勝利の花道となるよう頑張ります」と今年の意気込みを述べた。

 また、氷川は発売日となる30日には東京・池袋サンシャインシティ噴水広場で、2月3日に愛知・アスナル金山で、2月4日に大阪・ツイン21アトリウムで発売記念イベントを開催する。

記事タグ