中島美嘉が14日に、中国・上海で『MIKA NAKASHIMA FULL COURSE TOUR 2017~YOU WON'T LOSE~』のツアーファイナルをおこなった。デビューからこれまでのヒット曲など幅広いセットリストを披露。7回の衣装チェンジでステージをさらに華やかに彩った。中国語でのMCや、中国語オリジナル曲「電光石火之間」を披露し集まったファンをもてなした。

中国語を交え挨拶

中島美嘉(撮影=川田洋司)

 昨年10月13日の中国・杭州公演を皮切りに開催されたツアーがファイナルを迎えた。約3カ月に渡った今ツアーは2001年のデビューからこれまでのヒット曲をほぼ網羅したセットリストに加え、7回の衣装替えをするなど、豪華フルコースの内容となった。

 昨年開催が予定されていた中国・深センの振替公演を13日におこなった後、3度目の中国開催となる本公演。この日を待ち望んでいた熱狂的なアジアファンで会場は埋め尽くされた。

 1曲目のイントロが流れると、会場から悲鳴にも近い歓声が沸き起こるなか、映画『NANA』の衣装でもお馴染の赤のラブジャケットで登場し、ヒット曲「GLAMOROUS SKY」、「一色」でオープニングを飾った。

 中島は「今日はツアーファイナルをここで迎えられて嬉しいです。最後まで楽しんで行ってください!」と中国語と日本語を交えての挨拶に続いて「雪の華」、「桜色舞うころ」をしっとりと歌い上げた後、「ORION」、「WILL」、「STARS」などのヒットバラードを披露し、冒頭から観客の心を惹きつけた。

 数々のヒット曲に酔いしれる前半が過ぎると、今度はボンテージ風ファッションに身を包み、ハードなヘアスタイルとメイクにチェンジした姿で再登場。「Fighter」、「TOUGH」、「I DON’T KNOW」など、バラードから一転したロックナンバーを力強く歌い上げ会場を盛り上げた。

中国語オリジナル曲「電光石火之間」披露

中島美嘉(撮影=川田洋司)

 観客の熱気が増すなか、4度目の衣装に着替え「蜘蛛の糸」、「明日世界が終るなら」、「声」、「僕が死のうと思ったのは」を全身全霊で熱唱。中島美嘉独自の世界観で表現する歌声が観客の琴線に触れ、その圧巻のパフォーマンスに多くのファンが感涙した。

 様々な表情で魅了し続け、突入した後半戦では、「こんな格好は珍しい」と自らコメントしていた可愛らしい赤のミニワンピース姿に着替え「恋をする」、「A or B」の最新シングル曲や「TRUE EYES」、「ONE SURVIVE」などデビュー以来数年振りとなる楽曲を披露し、本編を締めくくった。

 迎えたアンコールでは、中国公演の為だけに用意されたチャイナ服姿に歓喜するファンを前に、少し照れながら「上海の皆さん、ありがとうございました!」と中国語で挨拶をし、中国語オリジナル曲「電光石火之間」を披露。

 そして、今日集まってくれたファンへの感謝の気持ちを歌った「JOY」でラストを飾り、中島美嘉をたっぷりと堪能する事となったフルコースツアーは、大盛況ののち幕を閉じた。

 今回のツアーは、「どんなお客さんでも最後まで楽しめる内容にしたい」という本人の思いから、“ベスト”に近い楽曲を選曲し、ロック、バラード、ポップスと分かり易く色分けした構成で考えられた。

 なお、中島は新曲「KISS OF DEATH(Produced by HYDE)」の先行配信を20日からスタートする。

セットリスト

『MIKA NAKASHIMA FULL COURSE TOUR 2017~YOU WON'T LOSE~』
2018年1月14日 上海公演

M1. GLAMOROUS SKY
M2. 一色
MC
M3. 雪の華
M4. 桜色舞うころ
M5. メドレー
ALWAYS
OION
初恋
WILL
愛してる
TARS
M6. Fighter
M7. TOUGH
M8. I DON'T KNOW
M9. BLOOD
M10.LOVE IS ECSTASY
M11.蜘蛛の糸
M12.明日世界が終るなら
M13.声
M14.僕が死のうと思ったのは
M15.恋をする
M16.ベストフレンド
M17.A or B
M18.メドレー
LIFE
OVER LOAD
CANDY GIRL
TRUE EYES
CRESCENT MOON
ONE SURVIVE
M19.ALL HANDS TOGETHER
M20.花束
ENCOR
M1. 電光石火之間
M2. JOY

記事タグ