ミュージシャンのCharaが12日・13日の2日間に渡り、東京・マイナビBLITZ赤坂で自身の生誕50年を記念したスペシャルライブ『Shut Up and Kiss Me! Chara's 50th Birthday Blitz』を開催した。全20曲を歌唱し観客を魅了。また、13日はCharaの50歳の誕生日。アンコールでは芸人の椿鬼奴がサプライズ登場し、Charaのモノマネで「やさしい気持ち」をハスキーに熱唱。Charaは「やられた〜」と戸惑いながら、「ありがとう」と目に涙を浮かべた。

誕生日に家族も祝福に駆け付ける

家族も祝福に訪れた(撮影=(c)Tomokazu Yamada)

 女性2人組のSHOW GIRLSによるセクシーなパフォーマンスに続いてステージに現れたCharaは、19才で作り、デビューのきっかけとなった「Violet Blue」を最後の1フレーズのみ歌唱し、一瞬の早着替えを成功させた。

 そして、エレポップ「Sweet」でライブをスタート。95年にリリースしたデビューシングル「Heaven」やヒット曲「やさしい気持ち」、最新アルバム『Sympathy』のリード曲で、岸田繁(くるり)が手がけた「Tiny Dancer」に加え、YEN TOWN BANDの「Swallowtail Butterfly ~あいのうた~」、「上海ベイベ」など、約3時間で全20曲を甘くエモーショナルに歌い紡ぎ、満員の観客を魅了した。

 歴代のオーロラバンドメンバーが集結した12人編成のスペシャルバンドを従えたライブの中盤には「私に一番影響を与えてくれるアーティストが歌ってくれるっていうので呼んでます」と紹介された長男のHIMIさんが登場し、新鋭R&Bシンガー、ダニエル・シーザー「We Find Love」をカバー。

 さらに、Charaの50歳の誕生日の当日である13日公演では、モデルとして活躍する長女のSUMIREがサプライズで登壇し、花束を贈呈。Charaが「世界一の幸せ者だ。いい日だね、今日」と呟きながらバースデーケーキの火を吹き消すと、場内からは温かい拍手が沸き起こった。

椿鬼奴のモノマネ熱唱に涙

Charaのモノマネで登場した椿鬼奴(撮影=(c)Tomokazu Yamada)

 また、アンコールでは芸人の椿鬼奴がポップアップで現れ、「Charaで〜す」と言いながら「やさしい気持ち」をモノマネでハスキーに熱唱。彼女の出演を全く知らされてなかったCharaは「やられた〜」と戸惑いながら、「ありがとう」と目に涙を浮かべ、「長女がお腹にいるときに作った出発の曲」だという「Tiny Tiny Tiny」でスペシャルライブを締めくくった。

 家族、仲間、スタッフ、大勢のファンに祝福されたCharaはこれまでの人生を振り返り、「私も恋をしなかったら、すーちゃんもHIMIくんも生まれなかったね。曲も生まれなかった。ありがとう、音楽」と感謝の気持ちを述べた。なお、この模様は3月に、BSスカパー!で放送される。

 マイナビBLITZ赤坂で2日間開催された『Shut Up and Kiss Me! ~Chara’s 50th Birthday Blitz~』を終え、50歳の誕生日を迎えたCharaは50歳イヤーの象徴となる“Shut Up and Kiss Me!”を掲げ、全国ツアー『Shut Up and Kiss Me! ~Sweet Soul Sessions Tour~』を開催する。バースデーライブの12人編成のAurora Bandとは打って変わり、シンプルな編成で魅せるライブで全国6カ所をめぐる。

セットリスト

『Shut Up and Kiss Me! Chara's 50th Birthday Blitz』

SE ( Violet Blue )
M1 Sweet
M2 恋は目を閉じて
M3 Junior Sweet
~MC~
M4 いや
M5 ミルク
M6 大切をきずくもの
~MC~
M7 We Find Love
M8 Heaven
M9 70%-夕暮れのうた
M10 Tiny Dncer
M11上海ベイベ
~MC~
M12 勝手にきた
M13 しましまのバンビ
M14 タイムマシーン
M15 Swallowtail Butterfly ~あいのうた~
M16 罪深く愛してよ
M17 やさしい気持ち
Encore
En.1 Happy Toy
En.2 あたしなんで抱きしめたいんだろう
En.3 Tiny Tiny Tiny

記事タグ