清春が、リリース予定のアルバム『夜、カルメンの詩集』に先駆けて、ライブ会場限定で販売するシングルに、「赤の永遠(とわ)」と「罪滅ぼし野ばら」の2曲が収録されることがわかった。「赤の~」はアルバム『夜、カルメンの詩集』のリード曲で、「罪滅ぼし~」は本シングルのみ収録の楽曲である。

 「赤の永遠」は、フラメンコ・ギターの国内第一人者、沖仁のライブ・サポートを長く務めるギタリスト智詠(ちえい)を起用。近作で見られるスパニッシュ要素を全面に反映させ、伸びやかなフラメンコ・ギターの音色に、清春のボーカリゼーションが艶やかに絡む楽曲。

 アルバム未収録となる「罪滅ぼし野ばら」は、スガシカオや稲葉浩志のライブ・サポートを務める俊英ギタリスト、Duranを起用したミドル・チューン。リズム・セクションには清春諸作に長く関わる沖山優司(ベース)、Katsuma(ドラム・coldrain)他を起用し、豊穣なグルーブを描く。

 シングル「赤の永遠/罪滅ぼし野ばら」は、2月9日に開催される『KIYOHARU 25 TIMES DEBUT DAY』の会場・岐阜club-Gにて販売が開始される。

 また合わせて公開されたジャケットアートワークは、sadsのベーシストYUTAROによるもの。真紅の薔薇のグラフィックが妖艶な雰囲気を漂わせている。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)