ももいろクローバーZの有安杏果(22)が15日、グループから卒業することを発表した。これを受けて、ももクロのファン“モノノフ”で知られる、米メジャーリーグ、ニューヨーク・ヤンキースに所属する田中将大投手(29)はコメントを発表した。

 田中投手はこの日の午後6時過ぎ、ツイッターを更新。「突然のことでとても驚きましたが、杏果ちゃんのパワフルな歌声とダンスが大好きでした。 そんな姿がもう見られなくなると思うと、とても寂しいですが、杏果ちゃんのこれからの人生と、ももいろクローバーZの4人をこれからも心から応援しています」と心境をしたためた。

 有安はこの日の正午にブログで、1月21日のライブをもって卒業することを発表。「普通の女の子の生活を送りたいという想いが強くなり、わがままを受け入れてもらいました」とその理由を明かし、8年間のももクロでの活動を振り返り「すごく長かったような、あっという間だったような気もするけど幸せなアイドル生活を送らせていただきました」と綴っていた。

 突然の卒業発表にファンだけでなく、芸能界からも驚きの声が上がっている。

 西川貴教は「え?ハ?有安が?そうか... マジか... 毎年イナズマで元気を届けてくれた同志の旅立ち... 去年のリベンジを今年誓っていただけに、寂しい... でも彼女の決断を心から応援したいと思います。ありがとう」とツイッターに心境をしたためた。

 また、氣志團の綾小路翔は「何と…。そうか。そうだったか。複雑です。複雑だけど、ご自身の選んだ道。自称・ももクロの親戚のおじさん達はその意思を尊重し、何があろうとただ応援するだけであります」と複雑な心境をつづっている。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)