【第68回NHK紅白歌合戦、31日、NHKホール】丘みどりは、紅白初出場。この日は、初出場とは思えないしっかりとした歌声で「佐渡の夕笛」を歌い上げた。この日は地元の愛媛県から親族の祖母が駆け付けた。

 祖母は客席から「初出場おめでとう。がんばってな」と声援を送る。それを見た、総合司会の内村光良が「こっちが泣きそうになります」ともらい涙をこらえる場面も。

 丘みどりは初出場とは思えないような、しっかりとした歌声で「佐渡の夕笛」を歌い上げた。

 紅白のステージに向けて自宅で練習していたという丘は「家で練習しているだけでも泣きそうになって。改めてステージに出れるんだという実感を受けました」とリハーサルを終えて語っていたが、最後までしっかりと涙を見せずに大舞台をやり遂げた。

記事タグ