【第68回NHK紅白歌合戦、30日、リハーサル2日目、NHKホール】囲み取材で「出演者の意外な交友関係が見られる」と紅白の別の魅力を語った渡辺直美だが、彼女はAIとともに、出演者の笑いを誘って“人気”だった。

 この日、司会者と出演者が揃っての顔合わせと全体リハーサルがおこなわれた。特別企画「紅白HALFTIME SHOW」と、AIの「キラキラ」のフィーチャリングとして出演する渡辺直美は2年連続の紅白出場。全体リハでは、椎名林檎と松たか子の後ろ、AIと並んで立っていた。

 AIと談笑する渡辺。面白いトークを展開しているのか、AIの笑いが絶えない。その内容に気になったのか、椎名と松が振り向いて輪に加わる。AIと渡辺、話が弾んでいるようで、和やかな雰囲気だ。途中、椎名林檎が大きな声を挙げて笑う姿も。その声は場内に響き渡っていた。

 ちなみに、久々の紅白出演となった松たか子は囲み取材で、椎名林檎の隣に立った感想を「私なりに知っている方がいたので心強かったです。(椎名)林檎さんは今年一緒に仕事が出来たので隣にいられてほっとします」と語っていた。

記事タグ