女優の篠田麻里子(31)が9日、出演する映画『ビジランテ』が公開初日を迎え、舞台あいさつに登壇。制作の中で話題となった、鈴木浩介(43)とのラブシーンについて言及した。この日は“渦中”の鈴木ほか、共演した大森南朋(45)、桐谷健太(37)と、監督の入江悠氏(38)も登場した。

 『ビジランテ』は、『SR サイタマノラッパー』『22年目の告白―私が殺人犯です―』などを手掛けてきた入江監督の、オリジナル脚本による最新作。町の自警団団長・市議会議員である印刷会社社長の次男、デリヘル業を営む三男のもとに、行方をくらましていた長男が、父親の死をきっかけに現れたことで、運命に翻弄されていく姿を描く。

篠田麻里子

 トリプル主演として、長男・一郎を大森、市議会議員で自警団の団長を務める二郎を鈴木、風俗店の雇われ店長・三郎を桐谷が担当。篠田は二郎の妻・美希役を担当、劇中では鈴木との、車の中での過激なラブシーンを披露していることでも話題を呼んでいる。

 映画のコンセプトの話をしているところに、いきなり強引に大森から2人の問題のシーンについて話が降られると、篠田は「今年2017年の仕事始めがあれだったんですよ」と試練の幕開けであったことを告白。役作りに付いては「浩介さんとは以前別の作品でも一緒で、その時はお見合い相手だったので、続編だったのかなと。それに初日にそのシーンだったし、その時点で夫婦だったのかなと、ここで2人で覚悟を決めた感じでもありましたね」と、気持ち的には意外にもすっと役柄に入り込めた模様。

 反面、鈴木は、撮影前には篠田の希望により、このシーンに対してのみリハーサルがおこなわれたことを告白。入江監督からは相当のダメ出しを食らいながらも、悪女的な性格を見せる美希と、二郎との関係について「手のひらで転がされていればいいんだと。ただ根底にあるのは、篠田さんの持ってらっしゃる母性の強さとか、懐の深さとか。そういうことが分かったうえで二郎はそれに乗っかっている感じがした。それが監督と篠田さんとおこなったリハーサルで女性像を作っていく段階で、そういうものが見えてきた」と苦労の末に、本質を見出していったことを振り返る。

 今回、篠田を起用したことについて入江監督は「おこがましいですが、篠田さんの持っているこれまでの経歴が、この役だったら120%出せるのではないかと、容赦なくダメ出ししました。(元)AKB48だったら打たれ強いだろうと、何度もダメ出ししまして」。そんな苦労の結晶であるこの作品を、篠田は「私を含め、覚悟の詰まった作品だと思います」とアピールした。【取材・撮影=桂 伸也】

記事タグ