今春、グループとしての活動を再開したCHEMISTRYが19日に、お台場ヴィーナスフォート教会広場(東京都)でフリーライブをおこなった。新曲やデビュー曲「PIECES OF A DREAM」などを披露し、観衆を魅了。17日に誕生日を迎えた堂珍嘉邦を、サプライズで盛大に祝福する場面も見られた。

 このフリーライブは、再始動後初のシングル「Windy/ユメノツヅキ」が15日に発売された記念におこなわれたもの。

 ライブでは、CHEMISTRYにとって“生みの親”ともいえる初代プロデューサー・松尾潔氏を再び迎えた再始動シングルから「Windy」、「ユメノツヅキ」の他、デビュー曲「PIECES OF A DREAM」がパフォーマンスされ、超満員の観客が、圧倒的な歌唱力を誇るスーパーボーカリストぶりに酔いしれた。

 さらに、MC中には17日に誕生日を迎えた堂珍に、川畑要と観客からバースデーソングが歌われ、ケーキが登場するサプライズもあり、イベントに華を添えた。

記事タグ