新バンド「ジェーニーハイ」のメンバー

 お笑い芸人の小藪千豊が16日、都内で『BAZOOKA!!!バンド(仮)』の記者発表会に出席。ゲスの極み乙女。の川谷絵音がプロデュースし、小藪がドラムとして参加する新バンド名を「ジェニーハイ」に決定し、川谷もギタリストとして参加することを発表した。会見にはメンバーのくっきー(野生爆弾)、tricotの中嶋イッキュウ、現代音楽家・新垣隆、川谷も出席。これからの活動への意気込みなどを語った。また、ライバルについて小藪は妻がファンであるというSEKAI NO OWARIを挙げ、「やっつけたいなと思ってます」と打倒セカオワを宣言した。

 ジェニーハイは、BSスカパー!で放送中のドキュメントバラエティー番組『BAZOOKA!!!』で番組の知名度を上げるため始動したプロジェクト。地上波の音楽番組、音楽フェスへの出演を目標に番組出演者である小藪とくっきー、中嶋によって結成された。その後、川谷がプロデューサーに就任し、新垣が加入していた。

 バンドではそれぞれ、小藪がドラム、くっきーがベース、中嶋がボーカルとギター、新垣がキーボード、そして川谷がギターとプロデュースを務める。

 川谷は小藪に対し「凄く努力していて、インスタのストーリー(インスタグラム内の写真をストーリー仕立てで再生する機能)でいつもスタジオに入っていて。僕が知っているバンドマンより、普通に多くの練習量をこなしているので、本当に努力は裏切らないというか、バンドマンの鏡ですね」と絶賛。

 さらに「うちのメンバーにも言ってやりたい。というか、言ってるんですよ。小藪さんがStory上げる度に、ほら、小藪さんもスタジオ入ってるんだからって」とエピソードも明かした。

 小藪は「(ほな・)いこかさん、入らんでいいでしょ(笑)! 死ぬほど上手いんやから」と謙遜するも、「あの、ちなみに実際はストーリーに上げている3倍はスタジオに入っています」と練習量の多さについては自信を持っている様子。くっきーは「何言ってんねん」と突っ込んだ。

小藪千豊

 川谷と新垣が加入することで、大きな話題性を持つ同バンド。小藪は「ハッキリ言って話題性を狙ったという部分も大いにあります」と正直な狙いを明かす一方、「大きな騒動になられる前から、僕は好きでカバーもやっていたんです。川谷さんに本当に参加して頂きたいと思いお願いしました。新垣さんについても、この番組で現代音楽の活動を知ったのですが、コヤブソニック(小藪が主催する野外音楽フェス)に出演して頂いたときに『僕は現代音楽を広めていきたいんです』とボソッとでも内に秘めた情熱を感じました。音楽家としての才能豊かなお二人をお迎え出来て、本当に良かったです」と胸の内を語った。

 バンドの音楽性について川谷は「コンセプトを決めずにやろうかなと」とハッキリしたイメージない様子だが、1曲すでに作っているという。

 小藪は様々な曲をカバーしていると言い、「正直、川谷さんの曲が一番難しいです」と明かす。他曲に比べ3倍くらい時間かかったイメージがあると言い「もし、12月に曲頂いても2月くらいまでマスターするのにかかると思います」とすぐのデビューにはならないと話す。

 川谷は「ゲスの極み乙女。の曲より難しいかもしれないです」と更に難易度が上がることに含みを持たせた。

 また、これからのライバルや目標とするバンドについて記者から尋ねられると、小藪は「僕の嫁はん、SEKAI NO OWARIのファンクラブ入っていてDVDばっかり観ていて旦那としてちょっと嫉妬してるんで、SEKAI NO OWARI、やっつけたいなと思ってます」と打倒セカオワを宣言した。【取材・撮影=松尾模糊】

記事タグ