<記者コラム:オトゴト>
 私個人が好きなバンドの一組に、UVERworldがいる。彼らの音楽に出会い、かれこれ10年は追い続けている。当然、音源を購入して聴くし、ライブにも行く。私にとっては心の支えの一つとも言える。彼らの魅力は挙げればきりがないが、その一つに、ライブがある。

 ライブを構成するのは当然、音楽であり、歌であり、バンドサウンドなどだ。しかし、ボーカル・TAKUYA∞のMCも大事な要素だ。

 彼のMCには「明日を生き抜く原動力」「他人に流されず自分のやりたいことをやれ」「夢を見る事の素晴らしさ」「真っ直ぐ生きて中身のある人間になってほしい」「孤独と向き合う」「希望を持て」といった趣旨のメッセージが多く、聴く者に「明日への原動力」を与えてくれる。

 また、ステージのバックスクリーンに映る歌詞と映像も魅力の一つだ。最近では、多くのミュージシャンがライブで取り入れている手法だが、どストレートに表現されているUVERworldの歌詞が、映像と融合して、楽曲の世界観、楽曲に込めたメッセージがダイレクトに心に響いてくる。

 先ほど「明日への原動力」と書いたが、まさにそうしたエネルギーの源を、まっすぐな言葉、それをのせるメロディとともに届ける。

 UVERworldのライブには、映像に映し出される歌詞の文字と、耳に流れる言葉の両方をもってエネルギーを受け取れる空間がある。きっと彼らのステージを見たら、日頃の生活で失った希望を取り戻せるだろう。【橋本美波】

記事タグ