YUKI

 ソニー・ミュージックアーティスツは1日、歌手のYUKIとの専属マネジメント契約が9月30日をもって終了したことを発表した。

 同社は「1993年にJUDY AND MARYのヴォーカリストとしてデビューして以来、24年間にわたる弊社への貢献と、YUKI本人の未来への意思を尊重し、円満に契約を終了するという結論へと至りました。今後のYUKIの音楽活動も温かく見守っていただきますよう、宜しくお願い申し上げます」としている。

 また、専属マネジメント契約終了に伴って、オフィシャルファンクラブ「commune」も2018年2月28日に全てのサービスを終了することも発表された。

 今年ソロデビュー15周年を迎えたYUKI。アルバム『まばたき』のリリースや全国ツアーなど精力的な活動をみせており、先月には新曲「フラッグを立てろ」が、羽海野チカ原作によるテレビアニメ『3月のライオン』第2シリーズのオープニングテーマに決定。

 同曲が、10月1日に放送予定のYUKI自身のレギュラーラジオ番組『YUKI HELLO! NEW WORLD』(TOKYO FM)内でオンエアされることが先日、発表されたばかり。【武田雄樹】

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)