伴 都美子(Vo.)と大渡 亮(Gt.&Vo.)による音楽グループのDo As Infinityが9月27日に、ニューシングル「To Know You」を発売する。今回サウンドプロデュースを務めたのは、前作「Alive / Iron Hornet」から引き続き澤野弘之氏。さらにミュージックビデオでは、クリエイティヴカンパニーNAKED Inc.のアート展『TOKYO ART CITY by NAKED』ともコラボレーション。今年デビュー18周年を迎えるDo As Infinityが更なる進化を続けていく事を予感させる。新曲は全英詞ながら、伴は「心から歌えている実感があります」と自身の想いとリンクしていると話す。7月に開催したメキシコやアルゼンチンなど4カ国を回る自身初の南米ツアーや台湾公演など海外での公演を経て、大渡は演奏にも自信が持てたと言い、活動18年を迎えたことをラジオ体操のスタンプカードに例え、「スタンプがまた1つ増えた感じ」とその充実感を示す。今回は新作の経緯と狙い、海外公演でのエピソード、さらにはこの18年を経ての今についてなど2人に話を聞いた。【取材=小池直也/撮影=大西 基】

心から歌えている実感

Do As Infinity 

――新作「To Know You」の手応えはいかがですか?

伴 都美子 澤野さんプロデュースとしては第2弾です。前作はダークな側面があったと思うので、「明るい曲が良い」という提案をさせて頂きました。自分が最近見たり聴いたりして「Do Asにはこういう雰囲気が合うんじゃないかな」というものを集めてスタッフやメンバーに見て貰い、澤野さんともやりとりしてスタートした感じです。曲が上がってきた時は良い曲だったので、単純に嬉しかったですね。

大渡 亮 伴ちゃんが持ってきてくれた「こういうテイストのサウンドを歌いたい。これはどうかな?」という資料が明確だったんです。YouTubeに転がっている様な物だったと思いますけど。それは予期せぬサウンドではあったのですが、意外と合うなと。「澤野さんだったら、こういう感じになるかもしれないね」と僕含め、スタッフ全員の方向性が定まった感じがありました。

 そのおかげで「次にどういうサウンドをまとってシングルを作るのか」という軸がしっかりしたので、全てが上手く回って満足しています。改めて、最初のビジョンがしっかりしていると、迷う事がないなと痛感しました。

 伴ちゃんが持ってきてくれたのは何曲かだったのですが、雰囲気やテンポがわかりやすかったです。聴かせてくれた曲はマイナー(暗い雰囲気の調性・曲調)だったんですけど、「これはメジャー(明るい雰囲気の調性・曲調)に変えられるな」と。こういう浮遊感のある曲はやってきた事なかったなと思っていたら、想像以上の物が澤野さんから上がってきました。

――前作の「Alive / Iron Hornet」は小説の様なプロットからイメージを膨らませたそうですが、今回はいかがでしょうか?

大渡 亮 今回はNAKEDさんとのコラボレーションの話がありましたので、前作とは作り方が多少異なりますが、プロットに寄り添う流れは続いています。

――というのも、今回のテーマである「東京」が前作もキーワードとして登場していたので。

大渡 亮 前作は「起こってほしくない未来の東京」、今回は「今を生きる2017年の東京」という様な感じですね。

伴 都美子 コラボレーションさせて頂いた、『TOKYO ART CITY by NAKED』のテーマが「東京」だったんです。会場にも都内の名所が登場します。渋谷も出てくるのですが、私達も渋谷で路上ライブをやっていた時期があるので、その経緯もあり、MVもその展示の中で撮影させて頂きました。作詞家さんとも、アイディアやキーワードを出し合いましたね。

(*TOKYO ART CITY by NAKED=東京ドームGallery AaMoで6月~9月にかけて開催されていた、クリエイティヴカンパニーNAKED Inc.による“TOKYO”をテーマに、東京の巨大模型にプロジェクションマッピングなど最新テクノロジーを駆使し、都市の持つ魅力をアートとして表現する企画展)

――お二人の東京のイメージを教えてください。

大渡 亮 『TOKYO ART CITY by NAKED』に際してコメントしたのですが、年齢のせいなのかネガティブな事しか感じられていないんですよ(笑)。とても華やかに繁栄を謳歌している様に見えるけど、その裏側で異常気象だったり、雨が降らないと水が足りなくなる現実など。言いたくはないんですけど、それしか感じる事がないというか。でも、この取材では伴ちゃんが言ってくれる事が正しいです(笑)。

伴 都美子 (笑)。私は地方出身者なので、とにかく東京に「夢」とか「可能性が詰まった憧れの街」というイメージがあって、「いつか自分もそこに行きたい」と思っていました。それで熊本から飛行機に乗って上京したのが20年位前ですね。羽田空港に着いて、都心に入っていく時のレインボーブリッジやビル群の景色が凄く好きなんですよ。

 上京して月日が経って、同じ場所を通ってもやはり「あ、私はここで生きているんだ」と。自分の人生の半分以上を東京で過ごしていますが、その風景を見ると、当時の気持ちを思い出し、今でもポジティブな気持ちになれます。もちろん良い事ばかりではないですよ(笑)。皆必死で働いているし、競争は激しい。そのスピード感は田舎と違うから。そういうのはわかっていますけど、「To Know You」の歌詞の様に前向きになれるんです。

――歌詞は全編英語ですね。

伴 都美子 いやあ、私この歌詞は泣きそうになるくらい大好きです。ここまで気持ちを汲み取ってくださったというか、言葉たちが本当に素晴らしい。これが歌える事はラッキー、幸せです。英詞はデビュー当時から取り組んできた事ですけど、心から歌えている実感がありますね。

大渡亮 僕は洋楽を中心に聴いてきましたが、耳に食いついてくる様な感じ。作りながらチェックはさせてもらっていたのですが、凄く理解して頂けているなと。感銘を受けました。非の打ちどころがないです。

――MVの撮影はいかがでしたか?

伴 都美子 強力なタッグが組めたという実感はあります。『TOKYO ART CITY by NAKED』営業終了後の会場をお借りして撮影をしました。だから深夜ですね。撮影スタートが既に25時とかで、朝の8時くらいまで。

大渡 亮 久しぶりに長丁場でした。ライティングも監督さんがこだわってくれましたね。素人っぽい話ですけど、いくら機材が向上しても花火などは見たまま撮れないじゃないですか。今回もそういう感じになるのかなと思っていたんです(笑)。そうしたら仕上がりを見て、良い意味で裏切られました。自分が見たままのビビッドな感じでした。

記事タグ