「出会いあいして」で新たなグループの一面を手に入れたというMYNAME(撮影・片山 拓)

 韓国の5人組男性グループ・MYNAMEが7月19日に、5枚目となる新作アルバム『MYNAME is』をリリースした。2011年にコヌ、インス、セヨン、ジュンQ、チェジンによって結成。日本では2012年7月に「Message(Japanese Ver.)」でデビューした。今作には、メンバーそれぞれの個性が発揮されたソロ曲も収録。湘南乃風のSHOCK EYEが楽曲を提供した先行シングル「出会いあいして」によって、新たなグループの一面を手に入れたと話すメンバー。今作では映画のようにドラマチックな展開を持たせた1枚になったと自信をもって語る。今回は制作について、メンバー同士のキャラクターなどについても話を聞いた。

もっと深くMYNAMEのことを紹介したい

コヌ

コヌ

――まずは、最新アルバム『MYNAME is』を作るに当たっての狙いから教えてください。

インス 僕らは4月に最新シングルとして、湘南乃風のSHOCK EYEさんに楽曲提供していただいた「出会いあいして」を発売しました。その楽曲と連携する形を持った作品にしようという狙いが1つ。何より、「出会いあいして」を通して新しくMYNAMEに興味を持ってくれた人たちに、もっと深くMYNAMEのことを紹介するアルバムにしたいなと思い、「今までのMYNAME」と「これからのMYNAME」を詰め込んだ、この『MYNAME is』を作りました。

――MYNAMEのメンバーにとっても、「出会いあいして」との出会いは大きかったのでしょうか?

コヌ 大きかったですね。今回、シングル「出会いあいして」を手に、全国各地のライブハウスを舞台にコンサートを開催しました。インスも言っていたように、「出会いあいして」を通してMYNAMEに興味を示してくれた人たちが増えました。だから、「出会いあいして」で示した新しい表情もアルバム『MYNAME is』に投影していて、これまでのMYNAMEらしさも描いています。他にも、メンバー5人のソロナンバーも入っていたり、MYNAME全体だけではなく、メンバー個人の音楽性も反映させました。それくらい『MYNAME is』というアルバムは、とても大事な作品になったと思います。

――アルバム『MYNAME is』は、MYNAMEとしても大きな変化を描き出した作品になったということでしょうか?

インス そうです。メンバーみんなの気持ちの入れ様はとても強いです。

今回は新たにJ-POPスタイルの楽曲にも挑戦

インス

インス

――メンバーそれぞれ、今感じているアルバム『MYNAME is』についての印象も聞かせてください。

コヌ 一番は、先にも語ったけど、シングル「出会いあいして」を手にライブハウスツアーをやりながら感じた想いを、アルバムに収録した歌に投影できたこと。アルバムは、いろんな曲を入れる余地があるじゃないですか。だからこそ今回は、チャレンジしてみたいスタイルの楽曲を入れて、最近僕らの感じている気持ちを反映した歌も入れています。とにかく、とても新鮮な気持ちでアルバム制作を迎えたのは大きかったなと思います。

――「出会いあいして」は、MYNAMEに色々な影響を与えた作品になったのですね。

コヌ 僕たちは韓国出身で、K-POPの音楽スタイルを持った楽曲を中心に表現してきたし、今も表現しています。でも「出会いあいして」は、J-POPナンバー。僕ら自身、「出会いあいして」を通して初めてJ-POPに挑戦しました。そのチャレンジが予想以上の反響を呼び起こしました。今回も挑戦できたと思います。それが、セヨンがソロで歌った「LOVE ROBBER」です。

インス 「MYNAMEを好きなみんなが、今ならどういう歌を歌ったら喜んでくれるのかな?」というのは、今回収録する楽曲を選ぶとき、とくにポイントにしていたことでした。

チェジン とにかく、ファンのみんなに良い歌を聴かせたかった。そのためにも、いろんなスタイルにチャレンジしています。今回はソロ曲も入っているし、どの曲もスタイルが違う。みなさんもいろんな僕らの歌の表情を楽しめると思います。

――MYNAMEを応援し続けている人たちが聞いても、嬉しい驚きを覚えそうですよね。

チェジン そうなってくれたら嬉しいなと思います。個人的には「Secret」や「Always」の歌詞がとても好きなので、そこにも注目してください。

ジュンQ みんなも言ってるように、アルバム『MYNAME is』には一人ひとりのソロ曲が入っています。そこは、とても大きなアピールポイントだなと僕も思っています。

――ソロナンバーは初めから入れるつもりだったのでしょうか?

ジュンQ 前アルバムがメンバー5人の歌声の魅力を前に押し出した内容だったからこそ、今回はもっと個人の歌声の魅力を届けたかった気持ちはありました。

セヨン アルバムに対する想いは4人が伝えてくれたように、僕も同じ想いと先に伝えておきます。嬉しかったことが、僕のソロナンバーの「LOVE ROBBER」がJ-POPナンバーのような曲だったことです。その新しいチャレンジが嬉しかったし、歌詞も真っ直ぐ心へ届くように歌ったので、そこは期待していてください。

ファンのみんなへ伝えたい気持ち

セヨン

セヨン

――それでは各自のソロナンバーの魅力を教えて下さい。

セヨン さっきの話に加えるなら、「LOVE ROBBER」はライブでみなさんと一緒に歌える楽曲になっていて、ブレイクの部分ではダンスパフォーマンスで楽しませていける歌にもなりました。歌詞では<お前を満たしてやる>と歌ってるのですが、それらの言葉は、僕がファンのみんなへ伝えたい想い。それを、ちょっと強気な表現にしてもらいました。

ジュンQ 僕のソロナンバーはジャジーなポップスに仕上げました。歌詞の内容は、ちょっと寂しい感じ。「DUDU」というのは雨が窓を叩いたときの音なのですが、こういう静かでメロウでジャジーな楽曲や切ない歌詞が僕は好きだから、みんなが聞いてどんな感想を持ったのか、ぜひ聞かせてください。

チェジン バラードの「窓の外に降る雨が君の涙なのか」を歌いました。韓国の作家さんに作ってもらった、韓国での活動用の僕のソロ楽曲なのですが。歌詞に<雨粒は君の涙なのか 窓越しに僕は問いかけた>とあります。その歌詞や全体のメロディが大好きだったので、この曲を日本語にしてみんなに伝えたくて、今回ソロナンバーとして選びました。

 歌詞は、好きだった人のことを思い出す内容でとても切ないです。きっとみんなは、この切ない物語の情景を心に想い浮かべて、聴いてくれるのではないでしょうか。メロディや曲の雰囲気も、韓国映画やドラマが好きな人なら、映画やドラマのBGM風の表情としても受け止められそうなので、きっと好きになってくれるはず。僕は、そう感じています。

インス 爽やかな「Morning」を歌いました。朝の歌です(笑)。モーニングソングは、これまでのMYNAMEにはなかったので今回作りました。ぜひアラーム変わりに使って欲しいし、朝起きたら歯磨きをしながらこの歌を聞いてもらえたらなと思います。

 歌詞には、彼氏と彼女の朝の風景が書いてあるのですが。僕自身は彼女のことをファンのみんなだと思って歌いました。

コヌ 深夜を舞台にした「I'm not a bad Boy」を歌いました。僕がこれまで表現してきたソロ曲は、バラードやR&B系の切ない歌が多かったのですが。今回は、夜中に思い切り羽根を伸ばして遊びましょう、という歌になっています。この歌では、Aメロ、Bメロ、サビ、どのブロックでも僕の異なる歌声を楽しめます。中にはラップもあり、ディスコ調な雰囲気も出ていたり。全体的にダンサブルであり、しかも、僕自身ソロとして初挑戦となる曲調だったので嬉しいチャレンジになりました。

 ちなみに、僕の歌った「I'm not a bad Boy」が23時頃から明け方の4時頃までが似合う歌だとするなら…。

インス 僕の歌った「Morning」は、朝の7時頃から10時頃までが似合います。お昼は、ジュンQの「DUDU」を聞きながらリラックスしてもらって、晩御飯を食べる前に、セヨンのJ-POPナンバー「LOVE ROBBER」で踊ってお腹を空かせる。晩御飯を食べてコーヒーを飲みながら、チェジンの歌う「窓の外に降る雨が君の涙なのか」を聞いてゆっくり気分に浸ってもらう。MYNAMEと一緒に過ごす1日ができ上がります。その後に、お酒を呑みながらコヌの歌う「I'm not a bad Boy」を聞いてもらい、また僕の「Morning」に戻ってと、それを毎日繰り返してください(笑)。

――そこは狙ったのでしょうか?

インス 狙ったわけではないですが、上手く繋がりました。

メンバーの個性

ジュンQ

ジュンQ

――各自のソロナンバーには、メンバーそれぞれの個性が反映されているのですね。

インス 朝から晩までになっていますが、みんなまだまだ若いから、朝よりも夜のほうが元気になります。

セヨン いつも朝からスケジュールが入っていますが、終わって遅い時間になったら、みんなそれぞれ自由に羽根を伸ばしてるからね。

――みなさん、睡眠時間が少なくても平気ですか?

コヌ 僕は寝ないと駄目な人です。

インス ジュンQとチェジンとコヌは寝ないと駄目な人だよね。

コヌ このメンバーの中で一番最初に寝ちゃうのはあなたでしょ!

インス 僕は早く寝てしまいます。そして、朝早く起きます。

――だから、「Morning」担当だったのですね。

全員 爆笑

インス そうか。この取材から僕はMYNAMEの朝担当になりました(笑)。

――セヨンさんは、時間があれば遅い時間でも遊ぶタイプですか?

セヨン 寝る時間がもったいないと思ってしまう。僕らの仕事は、時間も曜日も不規則だし、休みだって特に決まっていない。しかも朝から仕事やレッスンをいろいろこなしていくので、仕事が終わると疲れから眠くもなります。だから、みんなは寝てしまうのですが。僕は、寝る時間がもったいないから、一人で遊びに行ったりもします。

――アルバム制作中も、時間の合間を見て羽根を伸ばしていた感じでしたか?

セヨン アルバム制作に関しては緊張の糸を解かずに集中する必要があったから、ずっとレコーディングに没頭していました。それに、一つの作業が終わっても、また次にやるべき課題が出てくる、この期間は空き時間もずっと制作に集中していました。

メンバーそれぞれの推し曲

MYNAME

――みなさん、アルバム『MYNAME is』の中「これはお勧め」という歌があったら教えてください。

セヨン 僕は「Baby Tonight」が好きです。この曲は僕が振り付けを担当しているのですが、聞くたびに頭の中にいろんな情景が浮かんできて、ライブでも歌い踊りながらどんどんエナジーが沸き上がってくる楽曲です。

ジュンQ 僕も「Baby Tonight」は一番のお気に入りです。この歌は、とてもMYNAMEらしいなと思います。そしてもう1曲、自分の歌ったソロナンバーの「DUDU」も大好きです。僕にとって挑戦になった楽曲という理由もありますが、何よりジャジーな曲調であることや、作家の方と一緒に自分のアイデアもいろいろ伝えながら作ったので、思い入れはとても強いです。

チェジン 僕は「Secret」と「Always」が好きです。「Secret」は耳に残る歌詞が、「Always」はメロディがとくにお気に入りです。

インス 僕は「Party Animal」がすごく好き。とても男の色気を出してる歌で、きっとステージで歌うとダンディなMYNAMEの姿を見せられそうです。何より、コンサートの頭に歌いたいくらい格好良い楽曲に仕上がっています。

コヌ 僕は、自分で歌ったソロ曲の「I'm not a bad Boy」ですね。僕自身、初めて挑戦したスタイルの楽曲だし、ライブで歌ったらファンのみんなと一緒に騒げる曲なので、僕はこの歌を推したいです。

長いドラマを作り上げようと

MYNAME

――『MYNAME is』というアルバムは、まるでドラマチックな映画を見ているような作品じゃないですか?

インス そう感じてもらえたなら嬉しいです。実際に、いろんなシーンが流れだす映画のようなアルバムだと自分たちでも感じています。曲順も、聞く人が、自分なりに物語を想像してもらいやすいように組み立てました。

コヌ イントロやインタールード、アウトロなどを使って1枚の流れを作るのではなく、楽曲だけで一つのドラマを作り上げている、そこが面白さです。

セヨン 1曲進む度に、僕ら5人のいろんなエピソードを絡めながら、いろんな物語の場面が歌を通して映し出されます。そこには悲しい物語もあれば、パーティを楽しむ雰囲気もあったり。本当に、映画のようにいろんなシチュエーションを描き出した上で、最後に「Always」を歌い、感動を持ってフィナーレを迎える。ぜひ、ドラマチックな展開を感じてください。

――8月25日には、東京国際フォーラム ホールAで「MYNAME LIVE 2017『MYNAME』~さよならからはじまるSTORY~」が開催されますね。

セヨン 今回のライブは、アルバム『MYNAME is』を中心に、MYNAMEの懐かしい曲なども組み込み、1本の長いドラマを作りあげようと思っています。とてもドラマチックなライブになるはずだから、そこは期待していてください。

完全にノックアウトします!

MYNAME

――最後に、ひと言ずつメッセージをお願いします。

セヨン このアルバムのタイトルを『MYNAME is』とした理由は、新しい面も含め、これまでいろんな活動をしていたMYNAMEらしさをたっぷり伝えられると思ったからです。シングルの「出会いあいして」が左ジャブだとしたら、アルバム『MYNAME is』は右ストレート。そして8月に行うライブでアッパーカットを繰り出し、みなさんを完全にノックアウトします!

ジュンQ これまでMYNAMEが発売したアルバムの中でも、『MYNAME is』は一番重い感じの内容です。でも、とても感情的な歌ばかりだからこそ、それを8月のコンサートでしっかり伝えたいです。

チェジン そうだね、僕もそこは同じ気持ち。とにかく8月のコンサートの日まで、全力でアルバム『MYNAME is』の魅力を伝え続けます。

インス アルバム『MYNAME is』は、すごく感情を詰め込めた作品です。とくに今年のMYNAMEの活動は、僕にとって一つひとつが大切な意味を持っている。だからこそ、一つひとつの活動や行動を大事にしながら、MYNAMEは止まらすに走り続けてくぞという気持ちをしっかり伝えていきます。

コヌ 8月のコンサートでは、これまで以上に一人ひとりの人間性を伝える見せ方もしていきたいなと思っています。このアルバムを作り、改めてMYNAMEとしてデビューした頃の気持ちを思い返しています。改めて新鮮な気持ちでこれからの活動にも臨みます。ぜひ、応援よろしくお願いします。

(取材=長澤智典/撮影=片山 拓)

撮り下ろし写真

MYNAME - 「Baby Tonight」Music Video

リリース情報

タイトル:『MYNAME is』
発売日:7月19日(水)
商品概要:全7形態

初回限定盤
品番:UICV-9257 CD+DVD 3,704円(税抜)/4,000円(税込)
<CD>全形態共通
01.Baby Tonight
02.ノム very マ~too very so MUCH~ (Japanese ver.)
03.出会いあいして
04.Getting Over
05.LOVE ROBBER (SE YONG SOLO)
06.忘れないで (イッチ マラジョ)
07.タンマレ〜はっきり言って〜 (Japanese ver.)
08.窓の外に降る雨が君の涙なのか (CHAE JIN SOLO)
09.Secret
10.I’m not a bad Boy (GUN WOO SOLO)
11.DUDU (JUN Q SOLO)
12.Party Animal
13.Morning (IN SOO feat. JUN Q)
14. Always

(初回盤のみ) DVD
・Baby Tonight (Music Video)
・Baby Tonight (Music Video メイキング映像)
・出会いあいして (Music Video)
・出会いあいして (Music Video メイキング映像)
・ジャケット撮影・メイキング映像

・「MYNAME 2017 LIVE TOUR ~ALIVE~」
(東京シーサイドフェスティバルホール 2017.2.19)
K.O. Monster / ニガモンデ / Crank up

通常盤  品番 UICV-1086 CD 2,778円(税抜)/ 3,000円(税込)
メンバー別ソロ・ジャケット盤(全5種) CD 2,778円(税抜)/ 3,000円(税込)
WEB(キャラアニ)限定盤
●コヌ盤(PROV-1911)●インス盤(PROV-1912)●セヨン盤(PROV-1913)●ジュンQ盤(PROV-1914)●チェジン盤(PROV-1915)

リリースイベント

7月18日(火)東京都:東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ(1)15:00(2)18:30
7月19日(水)東京都:池袋サンシャインシティアルパB1F 噴水広場(1)14:30(2)17:30
7月20日(木)宮城県:仙台駅前イービーンズ 10F屋上ステージ (1)15:00 (2)18:00
7月21日(金)愛知県:オアシス21銀河の広場 (1)15:00 (2)18:30
7月22日(土)大阪府:なんばOCAT B1F・ポンテ広場ウィングステージ(1)13:00 (2)16:00
7月23日(日)東京都:ダイバーシティ東京プラザ フェスティバル広場 (1)13:00 (2)16:00

ライブ情報

MYNAME LIVE 2017『MYNAME』 ~さよならからはじまるSTORY~
8月25日(金)
東京国際フォーラム ホールA
開場17:00、開演18:00
チケット販売価格9,800円(税込)

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。