僕らは悲観的になっていないよ、175R・SHOGO KAZYA脱退も前向き
INTERVIEW

僕らは悲観的になっていないよ、175R・SHOGO KAZYA脱退も前向き


記者:村上順一

撮影:

掲載:17年07月10日

読了時間:約16分

爆風スランプは「元祖青春パンク」

175R・SHOG

175R・SHOGO

――そういったなかで、「南風」でのアウトロではトランペットを入れたりしていますが、これは最初からそうしようと?

 これはアルバムの流れでレコーディングをしていたので、HEY-SMITHにその場でお願いしました。(イイカワ)ケン君は、この曲が『GET UP YOUTH!』に入ると思っていたみたいで、アルバムを聴いてびっくりしたみたいです(笑)。「お蔵入りになったんだ」みたいなことを言われて、「いや違う。実はシングルに入るんだよ」と。

――アルバムを制作しながら既にシングルのコンセプトは見えていたのですね。

 そうですね。夏っぽい曲がけっこうできていて、『GET UP YOUTH!』を7年ぶりにリリースして、間髪入れずにリリースしたかったというか、そうでないと「また休んじゃうな」という気がして。それが嫌で、やっぱり夏にパーッとしたMVを撮りたいとか、漠然としたイメージ…TUBEみたいになりたいという思いもあります。毎年夏だけ何かやる、みたいな。それが今の僕の夢です。

――175Rはわりと夏のイメージがあります。“夏”と歌っていなかっただけで、サウンド的にはメロコアって西海岸のカラっとしたイメージがありますし。そこに詞がどう乗るかだけ、という部分は感じていました。

 TUBEさんは夏のイメージじゃないですか? 曲を聴いてもらうだけで季節感を感じさせることって、凄いことだと思う。最近改めてそう思います。過去に自分が影響を受けたり、幼少期や青春時代に聴いたものが自分の心の支えだったり、今音楽をやる原動力になっているなと思っていて。「サマバケ!」は唯一新しくレコーディングしたのですが、爆風スランプの「リゾ・ラバ -Resort Lovers-」をイメージしていまして。

――“リゾラバ”という言葉自体はもう死語ですよね?

 死語とか好きです。だから歌い方はサンプラザ中野くんに寄せています。それはけっこうakkinにも言っていました。「サンプラザ中野くん風に歌ってみます」と。サポートギターのWATAKもコーラスで来ていて「リゾラバって何ですか?」と言われましたよ。ちょっとカチンときて帰らせようと思いましたから(笑)。「お前“リゾラバ”知らないで音楽やっているのか!」と。

――SHOGOさんの「リゾ・ラバ -Resort Lovers-」好きはそこまでのレベルですか? 30代後半あたりの世代は懐かしいなと思いますけど。

 普通はそこまでではないと思うのですが(笑)。僕は好きです。今の人からしたら「?」みたいで…とにかく悲しいです。自分の青春時代のものが、今の自分を支えていると改めて思います。

――そのあたりの想いが今作の裏テーマ?

 そうです。夏の曲だけを集めたものを作りたい、『SUMMER VACATION』というタイトルでいくのだと。“SUMMER VACATION”というタイトルですが、それを象徴する曲がないとわかりづらいと思って「サマバケ!」を入れました。「リゾ・ラバ -Resort Lovers-」に負けたくないと思って「サマバケ!」にしたのですが(笑)。

――動機がまたいいですね。

 聴いている人にはわかってもらえない動機ばかりなので、こういった取材で話さないと最後まで謎なままで終わってしまうという(笑)。歌い方はサンプラザ中野くんに寄せたということも、しっかり伝えたいですね。爆風スランプは「元祖青春パンク」だと思っているので、リスペクトしています。過去に2マンライブをしたこともありますしね。

――そうだったのですね。爆風スランプとの2マンライブはどうでしたか?

 もう最高ですよ。感無量です。爆風スランプの曲もカバーしました。何しろ僕は爆風スランプのファンクラブに入っていましたからね。

――ではこの「サマバケ!」の流れなども自然なことなのですね。

 そうです。「リゾ・ラバ」という曲を作らなかったのは、「同じのをやってはいけない」という。だから敬意を寄せたのが「サマバケ!」なんです。だから歌詞もその場で「夏の恋はリゾラバだぜ」を足しました。10分でバーっと書きました。

この記事の写真
175R・SHOG
175R・SHOG
175R・SHOG

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事