ライブのもよう

 ダンスロックバンドのDISH//が4日に、東京・Zepp DiverCity TOKYOで2マンツアー『HMV Presents DISH// やる気マンマン2マン TOUR』のファイナル公演をおこなった。この日は、“楽器を持たないパンクバンド”ことBiSHが出演。ライブでは、BiSHの楽曲「オーケストラ」に合わせてDISH//が楽器を演奏するなどして、2組のコラボレーションを実施。異色の組み合わせで多いに盛り上がりを見せた。

 DISH//は今回の2マンツアーで、ロックバンドのOKAMOTO’Sや、エンターテイメント集団・BOYS AND MENとおこなってきており、今回はBiSHを迎えてのファイナルに挑んだ。

 この日は先行してBiSHがステージに登場。「BiSH -星が瞬く夜に」で幕を開けた今回のライブは、序盤から激しいダンスと歌で会場の熱量が一気に増していき、「お前らまだまだ行けるよな!」というメンバーの一言で更にヒートアップ。

 「DISH//とBiSH、前から名前が似ていると思っていたけど、まさかこんなに早い段階でツーマンライブができるとは!」と今回のオファーに感謝の気持ちを伝え、残り5曲を一気に披露した。

ライブのもよう

 BiSHの熱気が冷めやらぬ中、後半戦ではDISH//がステージに登場。「清掃員(BiSHファン)のみんな、スラッシャー(DISH//ファン)のみんな、全員かかってこいや!」と橘柊生(Fling Dish、RAP、DJ、Key)が叫び、「WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント~」でスタート。ケミカルライトを振ったり、こぶしを突き上げたりと、スラッシャーも清掃員もDISH//の熱い演奏に酔いしれた。

 北村匠海(Vo)は、ツーマンツアーファイナルの東京公演はBiSHしかいないと今回オファーしたことを明かし、「BiSHのライブを見てアドレナリンが出すぎて吐きそうでした。俺たちもそれに負けないライブをしないと!」と気合い。「I'm FISH//」「JUMPer」を続けて披露し、ラストの「愛の導火線」まで畳みかけるように熱唱。会場全体が一つになり、盛り上がった。

 そして「まだまだBiSHも見たいでしょ」という匠海の呼びかけでBiSHがステージに再登場。ライブ定番曲である「JUMPer」を作曲した松隈ケンタ氏が、BiSHのサウンドプロデューサーであることから曲を聴き始めた柊生が、ライブ映像で何度も涙を流したという「オーケストラ」をリクエスト。そして、DISH//の演奏に合わせてBiSHが披露した。

 豪華コラボで興奮が止まない中、最後はDISH//の代表曲ともいえる「東京VIBRATION」へ。BiSHのメンバーも、スラッシャーも清掃員も、会場にいる全員がタオルを振り回し、盛り上がりが最高潮に達する中、ツーマンツアーは幕を閉じた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)