常にプラスになるものを、安田レイ 向かう先を指し示す光に...
INTERVIEW

常にプラスになるものを、安田レイ 向かう先を指し示す光に...


記者:榑林史章

撮影:

掲載:17年05月25日

読了時間:約9分

すっぴんを見られるようで恥ずかしかった

きみのうた ジャケ写

――CDシングルのリリースは今回久しぶりで、その間には他アーティストの楽曲にフィーチャリング参加していましたね。

 そのときは、誰かと一緒に作ることの楽しさを感じました。自分でも気づかなかった、別の一面をたくさん引き出してくれたと思います。

 例えばSPICY CHOCOLATEさんの楽曲に参加させていただいた時は、いろんなものをそぎ落として、シンプルに歌いました。そうしたら、聴いてくださった方の反応もめちゃめちゃ良くて。私としては、まるですっぴん顔を見られるようで、とても恥ずかしかったんですけど、こういう自分も良いと言ってもらえるんだと、新しい発見がありましたね。

――そういう経験があっての、今回のシングルなんですね。

 はい。自分の中に新しい引き出しが少しずつ増えていっている感覚もあって、その引き出しを活かせたらと思いました。

 いつもの私の歌は、歌い上げる感じが強いです。今回は、一人で道を歩いていて、相手に語りかけている感じと、ただの独り言を言っている感じの、両方のニュアンスを織り交ぜながら、つぶやくような感覚で歌っています。

――7月にデビュー4周年ライブを、愛知・名古屋ブルーノートで開催しますね。

 自分を作り上げてくれた今までの楽曲を、ブルーノートということもあるので、ちょっと大人っぽくジャジーな感じにアレンジしてやりたいと思っています。

 前からこういうスタイルのライブをやりたかったんです。私のライブは、生楽器を使うことは少なくて。たまに、ピアノ1本でカバーを歌ったこともありますが、そういう時がすごく楽しくて。それを丸々一つのライブでやったら、どんな感じになるんだろうって。だから、当日がすごく楽しみですね。

ーーどうして名古屋で開催するんですか?

 私が安田レイとして初めて行ったツアーで最初に歌った場所が名古屋だったので、とても思い入れのある土地なんです。ぜひ多くの方に足を運んでいただけたらうれしいです。

(取材=榑林史章)

◆安田レイ 2013年にシングル「Best of my Love」でデビュー。現在までに9枚のシングルと2枚のアルバムをリリースし、TBS系火曜ドラマ『結婚式の前日に』主題歌「あしたいろ」、CMソング「Classy」などが話題になった。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事