HKT48「バグっていいじゃん」(C)AKS

 HKT48が15日に発売した、9thシングル「バグっていいじゃん」のスピンオフ・ミュージックビデオを、オフィシャルYouTubeチャンネルで公開した。スピンオフMVではメンバーの松岡はな(17)と、4期生が登場し、お笑いタレントの鳥居みゆきなど芸人たちが暴れる世界観が映し出されている。

 同曲は、14日付オリコンシングルデイリーチャートで1位を獲得している。先日公開されていたMVでは、HKT48劇場支配人の指原莉乃(24)らが“バグった世界”で歌って踊る姿が印象的だった。

 MVでは「はぁー、退屈だなぁ…」の言葉をきっかけに、前作「最高かよ」で初のシングルセンターに抜擢された松岡、そして「バグっていいじゃん」で初のシングル選抜に並ばれた4期生の、小田彩加(18)、武田智加(13)、地頭江音々(16)、月足天音(17)の5人が、“バグった世界”にワープする。

 そこでは一見、普通に見える風景が「バグゴーグル」をかけると面白いバグを発見できるというストーリーになっている。

 バグった世界では、部長のように見えてた人物が、白塗り着物姿で激しくキレまくるお笑い芸人のコウメ太夫に、親切そうなおまわりさんが、実はハイテンションで道案内をするお笑いタレント・ゆってぃ、キレイな受付嬢の鳥居みゆきが突然クレイジーな対応になったりとハチャメチャな世界が広がる。

 さらにグラスのワインを揺らす、芸人の山田ルイ53世と、お笑い芸人のひぐち君がガードマンとして登場するなど、有名芸人の個性を生かしたスピンオフMVとなっている。

 そして、芸人たちがHKT48メンバーと一緒にダンスを踊るところも見どころのひとつ。

 さらに、この「バグっていいじゃん スピンオフMV」には、まだ“バグった芸人”が隠されているとのこと。

「バグっていいじゃん」/HKT48(スピンオフMV)

この記事の写真

記事タグ