振付師のANRIさんとダンスを披露した渡辺直美

振付師のANRIさんとダンスを披露した渡辺直美(撮影・小池直也)

 お笑い芸人の渡辺直美が9日、都内でおこなわれた米・映画『ラ・ラ・ランド』の公開直前PR発表会に参加した。この中で渡辺はイケメン振付師のANRIさんに指導され、劇中のダンスを再現。そのダンスを「才能に溢れている」と太鼓判を押された。気を良くした渡辺は「今ので恋に落ちたんじゃない?」と甘い言葉をかけ、ANRIさんを誘惑した。

 この作品は、映画『セッション』(2014年)がアカデミー賞で3部門を受賞し、話題になった事も記憶に新しい、デイミアン・チャゼル監督による最新作。カナダ出身の俳優ライアン・ゴズリング演じる、売れないジャズピアニスト・セブと、米・女優のエマ・ストーン演じる、女優志望・ミアのラブストーリーを中心としたミュージカル作品。

 米人気歌手のジョン・レジェンドも主要キャストとして参加している。さらにゴールデングローブ賞で史上最多の7部門にノミネート、7部門を受賞した事でも話題の映画である。

 渡辺は、発表会に映画のヒロイン・ミアを思わせる、黄色のドレスで登場。一緒に観たい人について、尋ねられると「できれば彼氏と行きたいですね。でも、彼氏はそういう事に興味がない人なので」と思わせぶりな発言をしてから「妄想です」と笑いを取った。

 すぐに気を取り直して「彼氏はいないです。今は好きな人もいないので、知り合いのダンサーと行こうかな」と本心を明かした。

 昨年ワールドツアーもおこなって成功させている渡辺。それを踏まえ、「(女優として)ハリウッドを目指して欲しい」と司会者に促されると「そりゃあ、行きたいですよ。頑張りたいですよ」と満更でもない様子。

 そんな彼女向けに『ラ・ラ・ランド』の印象的なシーンである、ダンスを披露するためのレッスンが即席で始まった。渡辺は「結構難しくないですか、リズム的にも。でも私もダンス10年やってますから。負けない様に頑張ります」と意気込み、“ラ・ラ・ポーズ”と呼ばれるポーズを含め、講師の振付師・ANRIさんと目を合わせながら踊った。

 段々とヒートアップするレッスンに思わず「ちょっと冷房付けて貰ってもいいですか?」と講師を気遣う場面も。ダンス本番でもきっちり踊り切った渡辺は「振り返って2人で踊っているのが凄く楽しい。これカップルでやっても楽しいですね」と感想を述べた。

 また、彼女のダンスにANRIが「才能に溢れている」と太鼓判を押すと、渡辺は「今ので恋に落ちたんじゃない?」と甘い言葉で誘惑。

 イベントの最後に渡辺は「私も凄く注目していた映画で、まさかお仕事を頂けると思いませんでしたから、本当に嬉しいです。この素敵で最高な映画を沢山の方に観て頂けるように、私も頑張っていきたいと思います。是非、皆さん『ラ・ラ・ランド』観てね」とメッセージを送った。(取材=小池直也)

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)