記者発表会に出席した乃木坂46。左上から高山、秋元、若月。左下から桜井、堀。右下から松村、生駒(撮影=桂 伸也)

 乃木坂46の秋元真夏(23)、生駒里奈(21)、桜井玲香(22)、高山一実(22)、堀未央奈(20)、松村沙友理(24)、若月佑美(22)が8日、都内でおこなわれた、Perfect Suit FActoryの2017年春夏新製品の記者発表会に出席した。

 紳士服を中心としたアパレル関連企業のはるやま商事が展開するブランドである「Perfect Suit FActory」。乃木坂46はそのフレッシャーズキャンペーンのイメージキャラクターとして新CMに出演。新CMでは、アイドルグループの先輩格にもなるAKB48の「ヘビーローテーション」を、乃木坂46バージョンで披露する。

 この選曲について堀は「緊張もしたんですけど、振付もすごくポップではじける感じだったので、みんなで心を入れ替えて明るく挑戦したので、とても楽しかったです。映像にもその楽しさが出たと思いますし、よかったです」と満足の様子。

 また、高校時代は運動会で、高橋みなみのポジションとしてこの曲を披露したという秋元は「今回で2回目ということで振りも思い出しやすかったし、懐かしくなりました」と自身の懐かしい思い出を振り返った。

 一方の松村は「曲がすごくかわいらしい感じで、乃木坂46の曲とは全然違う感じ。でも踊ってみて印象的な振付がたくさんあるし、そういうのが踊れてうれしかったです。乃木坂46の見え方も変わった者ができたんじゃないかと思います」と語り、今回のチャレンジに新鮮な印象を抱いたようだ。

「思わず応援したくなるスーツ男子のしぐさ」を発表するメンバー(撮影=桂 伸也)

 CM中では、メンバーごとに小ネタのワンポイントを付け、さらに乃木坂46らしさを印象付けており、中でも頭に唯一花飾りをつけ、強い印象を見せている生駒は、CMを見て「花が目立っていましたね。自分より花が目立ってた」とポツリ。

 一方の乃木坂46のテレビ番組の中で登場したことで、箸を持つというネタがある若月は「(乃木坂46のネタを)たくさん知ってくださって盛り込んでいただき、ファンの方にも好評いただいたという声をいただいて嬉しかった」と自身の小ネタが出せたことを喜んでいる様子だった。

 Perfect Suit FActoryブランドとしては他にパルクールグループのURBAN UNIONのメンバーが登場するCMも用意されており、この日はCMに登場した4人のメンバーが登場、デモンストレーションを披露。その技に驚いた生駒は、さらにメンバーのうち3人が10代ということを聞いて「私たちこのメンバー全員20過ぎているすけど!? だから年下の男の子たちがあんなことを…汗かいてきました」とさらに驚いた様子。

 対して堀は「挑戦してみたい。乃木坂46でもスーツを着てやってみたいな、って。私は体が固いんですけど、陸上部だったんですけど…」と尋ねると、URBAN UNIONのメンバーからは「僕らもそんなに体柔らかくないし、ハードルの動きは近いものがあるから…」と返答をもらい「あ、希望が…」とまんざらでもない様子。

 またこの日は、企画にちなみ、登壇したメンバーが「思わず応援したくなるスーツ男子のしぐさ」についてそれぞれ思うところをコメント。

 「スーツに眼鏡姿で残業をしている人」などと答える高山や、自身を肉体フェチと語る生駒をはじめ、それぞれのフェチな面やこだわりを語る中、キャプテンの桜井が答えたのは「スーツ姿の人が一人、甘いものを食べている姿」。「ギャップというか、男性って甘いものがそんなに好きじゃないというイメージが私の中にはあるので、そういう人がスイーツを食べているのを見ると『可愛いなぁ』って、差し入れしたいと思っちゃいます」と自身のキュンとするポイントを明かした。

 ちょうどこの日が23歳の誕生日という高山は、祝福されながらも「どんなプレゼントが欲しいと?」と尋ねられると「撮影の後に、みんな着ていたスーツをいただいたんです、社長さんから。だからそれがプレゼント。大丈夫です。あ、でしたら一枚だけ写真載せてください!」と最初は控えめながらしっかりメディアにアピールし、笑いを誘っていた。(取材=桂 伸也)

記事タグ