Sexy Zoneの菊池風磨が1月30日放送のフジテレビ系『痛快TVスカッとジャパン』に出演。コンサートの歌唱中、メンバーの佐藤勝利が見せる対応力に称賛の声を挙げた。

 Sexy Zoneでは歌唱中に台詞を言うことが多いと話した菊池。「最後に佐藤勝利っていう真ん中の奴が台詞を言って締める。その前に台詞を一言ずつ言っていく」と説明。佐藤が締めの言葉を言う前に、メンバーそれぞれが独自の台詞を言う形があることを紹介した。

 その定番のスタイルがあるにも関わらず、「大抵、松島とマリウスっていう年下組の2人が3~4番目なんですけど、佐藤勝利と同じ台詞を言っちゃうんですよ。天然で」と菊池。松島聡やマリウス葉が佐藤の台詞を先に言葉にしてしまうことが多いという。

 具体的に説明を加えた菊池は、「例えば『みんなを愛してます』とかだと、リハで勝利が言ったことをまんま『みんなを愛してます』って言っちゃうんです」とし、リハーサルをしているにも関わらず台詞が被るアクシデントが発生してしまうことにスタジオは驚きに包まれた。

 菊池は「だから結構、ギリギリのところで勝利は台詞を考えてる」と佐藤の置かれた状況に同情。“山手線ゲーム”を例に、用意した答えを直前に使われると答えに窮することを指摘したうえで、「それを勝利はやってる。『すごいな』って思います」と語り、佐藤の対応力を称賛していた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)