「おはスタ」メンバーと「きよしのチキチキOHAソング」を歌唱した氷川きよし

 氷川きよしが29日に、千葉・幕張メッセで開催された日本最大級のゲーム&ホビーの祭典『次世代ワールドホビーフェア '17 Winter』の特設ステージ「おはスタ スペシャルステージ」にシークレットゲストとして出演。テレビ東京系の『おはスタ』のテーマソングで、氷川きよしwithコケッコ組の「きよしのチキチキOHAソング」を歌唱した。氷川は「子供たちと一緒に歌えて、楽しかったです」とステージを振り返った。

 『おはスタ』は、1997年からテレビ東京系列で平日早朝に放送されている情報バラエティ番組。氷川きよしwithコケッコ組の歌う「きよしのチキチキOHAソング」は、番組の新オープニング曲として昨年11月7日からオンエアされており、今月18日から配信リリースもスタートしている。同テーマソングが番組で使用され始めたことで、子供たちの間でも話題となっている。

 今回の氷川イベント出演は、事前の告知はなく、もシークレットとして企画されたもの。『おはスタ』の出演者と観客が悪者から出題されたゲームに挑むという企画では、氷川がステージ上の映像内で、悪者にとらわれているという演出でジーンズ姿で登場。

 会場から「大丈夫ですか?」と問いかけられると、「何とか、大丈夫です。僕もそちらのステージでみんなと一緒に『きよしのチキチキOHAソング』を歌って踊って盛り上がりたいので、絶対、ミッションクリアしてください!」と会場に向け呼びかけた。

 観客がステージから出されたゲームをクリアすると、「『おはスタ』のメンバーのみんな、会場のみんな、僕のために会場全体で力を合わせて、2つのミッションをクリアしてくれてありがとう! 今からそちらに向かいます。みんなで一緒に歌って踊りましょう!」と声をかけ、捕らえられた檻から解き放たれて実際のステージに現れた。ステージ前に集まった子供たちや大人たちは大きな拍手と大歓声で氷川を迎えた。

 会場の雰囲気に「みんな、楽しそうですね!」と感想を述べた氷川は、「じゃあ、コケッコ組のみんな、カモーン!」と呼びかけ、「きよしのチキチキOHAソング」を一緒に歌うコケッコ組6人の子供たちを呼び込んだ。そして『おはスタ』メンバーとともに同曲を歌唱。会場全体が一体となり、大合唱となった。

 氷川は「『おはスタ』メンバーのみんなと、会場のみんなの頑張りで、歌うことができました。今日は本当にみなさんありがとう! 『おはスタ』最高~!」と感謝の気持ちと喜びを伝えて、ステージを去った。

 さらに氷川はステージを終えて、「たくさんの子供たちと一緒に歌えて、とても楽しかったです」と改めてこの日のステージを振り返った。

■作品情報

「きよしのチキチキOHAソング」
氷川きよしwithコケッコ組

配信日:1月18日
品番:COKM-40071
価格:239円+税
配信CP:レコチョク、iTunes、ほか

記事タグ