綾野剛

 映画『新宿スワンII』(公開中)の劇中歌を歌うMAN WITH A MISSION、UVERworld、MY FIRST STORY、Anlyの4組による特別公演『新宿スワン II スペシャル・ライブ〜SSII SL〜』が18日、神奈川・横浜アリーナでおこなわれ、主演を務める俳優の綾野剛がマンウィズのステージにサプライズ登場。ギター演奏でニルヴァーナの「Smells Like Teen Spirit」などを披露した。

 新横浜の駅を降りると、観客と見られる若い人々はコインロッカーに荷物を収めて寒空の下にも関わらず、既に半袖の軽装に着替えていた。会場に向かう駅前はその様な人々で溢れ、普段と違う様相を呈していた。会場に集まった観客は1万2000人。豪華バンドの競演に熱を帯びていた。

 そうした熱気は開演後も更に高まっていた。この日は飛び入りで、シンガーソングライターのAnlyが登場し、劇中歌で使用されている「だから」をギター1本の弾き語りで披露した。同曲は、18日にリリースした4thシングル「カラノココロ」のカップリングに収録されている。

最強のボーカリストの存在証明

MY FIRST STORY

 トップバッターを飾るMY FIRST STORYは、男性4人組ロックバンド。ドラマーのKid'zによるソロプレイからステージは幕を開け、Teru(Gt)の歪んだギターと、Nob(Ba)の腹部に響くベースが加わり、最後にHiro(Vo)が「始めようかー!」と観客を煽り、「ALONE」をパフォーマンス。

 Hiroは「本日はこのようなステージに立てて、本当に感謝しています」と挨拶。2ndシングル「Black Rail」やミディアムナンバーの「Love Letter」などを披露。最後にHiroは「僕たちを知らなくても、嫌いでもいい。ただこれだけは言わせてほしい…僕たちは4年後、東京ドームに立つバンドです!」と堂々と今後の目標を宣言した。

15年間積み重ねてきたもの

 続いてUVERworldの名前が会場にアナウンスされると、彼らの登場を待ちきれない観客から手拍子が巻き起こった。ステージが暗転し、手拍子を引き継ぐように真太郎(Dr)によるドラムのソロプレイが始まった。そのドラムソロが鳴り響く中、メンバー5人がステージになだれ込み、会場からも大歓声が起こった。

 TAKUYA∞(Vo)が口笛を吹き、「行こうぜ、横浜アリーナ!」と叫んで「7th trigger」を披露。誠果(Sax、Manipulation)のサックスが曲にアクセントを付ける。さらにステージから炎が吹き上がる演出で、会場のボルテージも更に高まっていった。

 バンドは前作の映画『新宿スワン』の挿入歌「Collide」を演奏。そして『新宿スワンII』の挿入歌である新曲「エミュー」へとつなげる。観客も両手を挙げ、ジャンピングしながら応え、そこから起きる地響きはアリーナ全体を揺らしているようだった。

UVERworld

 TAKUYA∞は「いいね、横浜アリーナ、飛ばすね…今日はみんなで最高のイベントにしようね」と観客に語りかけ、さらに「映画っていいよね。何人ものプロが最高の瞬間を求めてカメラで捉えて、1本のラインにまとめて。それを映画館で2時間半、1800円とかで流しちゃうんだから、凄い。エンターテインメントの強敵。だからこそ、簡単に負けられない。俺たちだって、15年UVERworldやってきてるんだから積み重ねてきたものをこのステージで見せる!」と想いを叫び、彰(Gt)のかき鳴らすギターから「ALL ALONE」を披露した。

 「零HERE~SE~」ではTAKUYA∞がステージから降り、観客の中に飛び込んだ。仰向けになって観客に掲げ上げられながらのTAKUYA∞の歌唱。ライブならではの光景に会場のボルテージも最高潮に。

 続いて、克哉(Gt)のギターフレーズと信人(Ba)のファンキーなベースが印象的な、ミディアムナンバー「LONE WOLF」を披露。観客はその柔らかな世界観にしばし身を任せていた。

 最後にTAKUYA∞が「ありがとうございました。UVERworld、やり切りました。『新宿スワン』の主人公・白鳥龍彦は19歳なんだけど、俺は19歳の時をはっきり覚えている。ポエムを書いていた、最後の年だから。最後のポエム帳には『あと1年、頑張って何も変わらなかったら、もう死のう』って書いていた。20歳になって俺はUVERworldを見つけて、それからはずっと幸せ。1年で人生って変わるんだ。みんなもこれから1年頑張って幸せを掴もうぜ!」と熱いエールを送り、「7日目の決意」でステージを締めくくった。

狼たちの夜

MAN WITH A MISSION(撮影・Daisuke Sakai:FYD inc.)

 この日のトリを務めたのは、MAN WITH A MISSION。SEとともにメンバーが登場し、Jean-Ken Johnny(Gt,Vo)が「横浜アリーナ!」と叫び、「Dive」でスタート。

 Jean-Ken Johnny(Gt,Vo)が「MAN WITH A MISSIONデス、ヨロシク!」と挨拶し、「database」を披露。1階のブロック席の観客は次々にダイブをおこない、オープニングからフルスロットルのステージに呼応していた。

 続く「Get Off of My Way」では、Tokyo Tanaka(Vo)がステージを端から端まで駆け回り、Kamikaze Boy(Ba)はステージを飛び降り、観客のひしめくエリアへダイブ。観客に持ち上げられながらベースを演奏した。「Seven Deadly Sins」では、DJ Santa Monica(DJ)のスクラッチによるブレイクも冴え渡った。

 Jean-Ken Johnnyは「素晴ラシイアーティストト、出演者ノ方トネ、集マッテオ祭リヲシヨウトイウコトデ。楽シンデイマスカ? イケメンッテ今、絶滅シソウナンデスヨネ。数少ナイイケメンガ綾野剛クンデス。見タ目ダケジャナクテデスネ、心モイケメンデス」と主演の綾野を褒め称え、さらに『新宿スワン』は原作の漫画も大好きだと言い、「コノ作品ニ携ワレテ、バンドヲヤッテイテ本当ニ良カッタナト思イマス」と述べた。

 続いて「フォーカスライト」を演奏。ポップなメロディに会場のボルテージも上がる。そのまま怪しげな電子音から「Hey Now」になだれ込む。サビでは電子音と壮大なメロディが絡み合い、観客は恍惚とした雰囲気に酔いしれていた。

 Jean-Ken Johnnyは「本当ニアリガトウゴザイマシタ。3日後、ゼヒ劇場ニ観ニ行ッテクダサイ」と『新宿スワンII』の主題歌「Dead End in Tokyo」を披露。Spear Rib(Dr)のバスドラとJean-Ken Johnnyのシャウト、荒涼とした都市砂漠を想起させるメロディが印象的だ。最後に「Emotions」で本編を終え、メンバーはステージを去った。

クロスオーバー

MAN WITH A MISSIONのステージに立った綾野剛

 ステージが暗転してからも観客によるアンコールが会場には響き渡った。再びメンバーがステージに現れると、アンコールの手拍子は歓声に変わった。Jean-Ken Johnnyは「オ祭リナノデ、僕ラガヤッテモショウガナイカナ」と『新宿スワンII』で主役の白鳥龍彦を演じる、俳優の綾野剛を呼び込んだ。

 黒いエレキギターを携えた綾野がステージ中央に立つと、会場からは黄色い悲鳴が上がった。綾野がどうしてもやりたいという曲「evils fall [remix](remixed by BOOM BOOM SATELLITES)」を披露。綾野は激しく頭を振り、ギターをかき鳴らすパフォーマンスを見せた。

 「もう1曲!」と綾野が叫び、米バンド・ニルヴァーナの「Smells Like Teen Spirit」を披露。印象的なパワーリフを綾野が奏でると会場から歓声が上がる。綾野は天を仰ぎながらギターを弾き、ステージがまるで映画のワンシーンのように華やいでいた。

会場をバックに記念撮影

 綾野がステージを去り、バンドは最後に「FLY AGAIN」を演奏。Tokyo Tanakaがサビのメロディを歌い上げると、観客は両手を挙げた。Jean-Ken Johnnyが「今日ハドウモアリガトウゴザイマシター!」とシャウトし、この日1番の発破音の演出とともにメンバーはステージを去り、イベントの幕は閉じた。

 綾野はこのイベントで『新宿スワンII』について「音楽映画と言っても過言ではないですね。映画は2時間かけますが、音楽はたった5分で人を感動させることが出来るじゃないですか。この映画はその音楽の力を借りて圧倒的な作品になっています」と語っていた。このイベントではその言葉の意味をそのまま反映したような、光景を見ることができた。

 映画のために集ったミュージシャンが音楽を奏で、その音楽に映画の主役が登場する。そのスクリーンの出来事のような光景をステージ上で、生で体感できた観客が再びスクリーンに向かえば、そこにはあの俳優が躍動するストーリーが映し出されている…クロスオーバーを体感できた、またとない夜となった。(取材・松尾模糊)

■セットリスト

新宿スワン II スペシャル・ライブ〜SSII SL〜
1月18日 神奈川・横浜アリーナ

Anly
1.だから

MY FIRST STORY
1.ALONE
2.Smash Out!!
3.Black Rail
4.Love Letter
5.モノクロエフェクター
6.不可逆リプレイス

UVERworld
1.THE ONE
2.7th trigger
3.ナノ・セカンド
4.Collide
5.エミュー
6.ALL ALONE
7.PRAYING RUN
8.零HERE~SE~
9.IMPACT
10.LONE WOLF
11.7日目の決意

MAN WITH A MISSION
1.Dive
2.database
3.Get Off of My Way
4.Raise your flag
5.Seven Deadly Sins
6.フォーカスライト
7.Hey Now
8.Dead End in Tokyo
9.Emotions
ENCORE
10.evils fall [remix](remixed by BOOM BOOM SATELLITES)
11.Smells Like Teen Spirit
12.FLY AGAIN

記事タグ