4人組ロックバンド、ONE OK ROCKのボーカル・Takaが、海外公演時に接する日本人ファンの行動に苦言を呈したことを受け、4人組ロックバンド、マキシマム ザ ホルモンのマキシマムザ亮君が2007年9月に更新したブログに脚光が集まっている。

 Takaは25日にインスタグラムで、海外公演などで接する日本のファンの行動について、「御飯もゆっくり食べれない。外の空気もろくに吸えない。ライブがはじまれば最前列はいつも同じ景色。。。日本人同士なのにわかってくれないのかなって、、、、」などとコメント。ファンの気持ちを理解しながらも困惑する様子を伝えていた。

 これを受け、マキシマムザ亮君は27日にバンドの公式ツイッターを更新。「ワンオクの海外ツアー中の日本人ファンに対しての苦言問題から、なんか俺の10年前のブログの内容がほじくりかえされてるw」と自身のブログに注目が集まっていることに驚き、「久々に読んだけど28歳のりょっくんやるじゃん!」とコメント。そのブログのURLアドレスを張り付けた。

 マキシマムザ亮君のブログとは、2007年9月5日にバンドの公式サイトで書かれたもの。常連の観客のことについて綴っており、チケットを何度も購入してくれることに感謝しつつも、「『自分の定位置』というものをなぜか作りたがる」と指摘。ファンからの反感を覚悟し、常連が定位置でライブ観戦することが「もったいない気がするんだ」との見解を示している。

 さらに、何度も見ることで新たな発見があると綴るマキシマムザ亮君は「見る場所によって音も全然違う」と記し、「自分のいつもの『定位置』なんか忘れて いろんなとこから いろんな意味の『違う視点』でライブを観てみるのも 新しい発見あって楽しいかもよ?」との持論を寄せている。

 この文面を読んだファンからは「何も言えない…言わせない程の説得力ある」「そういう事ですよねっ」「やるなぁー 28歳のりょっくん!! 心を鷲掴みされたわい」などと反響の声が挙がった。

 マキシマムザ亮君はさらにツイッターを更新し、「後日談」を追記。「そういえば、いっつもホルモンライブの時に俺の前を定位置にしてるドレッドヘアーの男のファンがいたんだけど」と書き出し、「このブログを書いた次のライブ時は、上ちゃんの前に移動してて可愛いかった(笑)素直か!w」と綴り、ファンにメッセージが届いたことを明かしている。

記事タグ