初日舞台あいさつに出席した松坂桃李と菅田将暉ら共演者(撮影・桂 伸也)

 俳優の松坂桃李と菅田将暉らが28日、都内でおこなわれた、映画『キセキ -あの日のソビト-』初日舞台あいさつに登壇。共演の横浜流星、成田凌、杉野遥亮、忽那汐里、平祐奈と兼重淳監督とともに映画にちなんだエピソードを明かした。

 映画は、4人組音楽グループ・GReeeeNの代表曲「キセキ」の誕生秘話を追ったストーリー。GReeeeNのプロデューサーであるJINと、その弟でありリーダーのHIDEの青年時のエピソードをベースとして、兄弟が家族や仲間と衝突しながらも、音楽を志し歩む姿を描く。JINとHIDEを、これまで映画『ピース オブ ケイク』などたびたび共演している松坂桃李と菅田将暉がW主演で担当する。

 この日は、キャストたちが登壇する際、観衆が「キセキ」の合唱をするという演出がおこなわれ「『キセキ』のイントロを聴くと、緊張する体質になっちゃったんですよね」と語る菅田は、これを聴いて「泣きそうになりましたね」と感動した模様。

松坂桃李と菅田将暉(撮影・桂 伸也)

 また、GReeeeNのプロデューサーであるJINからの直筆のメッセージが到着。関係各所やこの日会場に訪れた観衆に向けて、映画公開への感謝の気持ちや、これからの活動に対する思いなどがメッセージとして松坂から読み上げられ、その手紙を読み終えると菅田は「嬉しいですね。GReeeeNさんやJINさんが温かい人たちだから、こういう(映画化のような)大きな広がりを見せているんだと思います」とその感激を言葉にしていた。

 菅田、横浜、成田、杉野は映画のスペシャルユニットとしてボーカルグループ「グリーンボーイズ」を結成、GReeeeNのライブのオープングアクトや、テレビ音楽番組『ミュージックステーション』の出演を果たすなどしたことで話題を呼んでいる。

 映画のストーリーにちなみ、現在俳優として活躍している自分に対して親がどう思っているかをたずねると、菅田は「うちの親父は大賛成で、どちらかというと僕よりも前に出るタイプ。バラエティ番組とかで昔の写真を頼まれると、100枚単位で送っちゃう人なんです」と父親のバックアップの様子を明かした。

 杉野は「今までこうやって(俳優を)やらせていただいているので、後押ししてもらっていると思います」、横浜は「毎回出演作を見てもらって、そのたびに感想をもらっています。それと、家族3人がLINEミュージックでBGMにグリーンボーイズの『愛』を入れてくれている。本当に愛を感じますね」と語り、2人とも家族に大きく後押ししてもらっている様子だった。

 一方、成田は過去に一度、美容師になろうとしたことも。それと合わせて、2回の反対を受けていたと告白し「この世界に入るときにも反対されましたね。小さいころから褒められたことがない」と、これまでの苦労の日を振り返っていた。(取材・桂 伸也)

記事タグ