第53回日本クラウンヒット賞贈呈式に出席した北島三郎ら(撮影・村上順一)

 日本クラウン所属の歌手や作詞・作曲・編曲家を表彰する『平成28年度(第53回)日本クラウンヒット賞贈呈式』が27日、都内でおこなわれ、ゴールドヒット賞に三山ひろし「四万十川」、アルバムヒット賞に北島三郎『北島三郎 全曲集 〜涙の花舞台・風雪ながれ旅〜』、新人賞にBAND-MAID『Brand New MAID』などがそれぞれ選ばれた。

 日本クラウン代表取締役社長の和田康孝氏は「創業以来毎年おこなっている。53作品が表彰される来年盛大に出来ますよう願っています。今年もより多くの作品を世に出したい」と挨拶。

 ゴールドヒット賞には三山ひろし「四万十川」、アルバムヒット賞には北島三郎『北島三郎 全曲集 〜涙の花舞台・風雪ながれ旅〜』と鳥羽一郎『悠々と…』、新人賞にBAND-MAIDの『Brand New MAID』、シングルヒット賞にPASSPO☆「Mr.Wednesday」、predia「刹那の夜の中で」などが選ばれた。

 この日、贈呈式最後の挨拶は北島三郎が務める予定だったが、風邪のため急きょ、鳥羽一郎が務めることとなった。

 鳥羽は「北島御大が、風邪気味で良い声が出ないから俺の代わりにやってくれと言われまして、その代わりあまり長く喋るんじゃないぞ」と、北島に諭されたことを話し会場を和ませた。

 続けて「アーティストの皆さん、錚々たる作家の皆さんおめでとうございます。今年もまた素晴らしい作品を書いていただいて我々も一生懸命その作品を歌わせていただきます。日本クラウンの皆様、今年もどうぞ宜しくお願い致します」と作家への敬意を表し贈呈式を締めくくった。(取材・村上順一)

記事タグ