大島優子がSKE宮澤佐江にエール

エールを送った大島優子

 元AKB48の大島優子が24日、日本テレビ系『踊る!さんま御殿!!』に出演。男性から“お前”と呼ばれることに「物っぽく扱われている気がしちゃう」などと話し、嫌悪感を示した。

 「私がキュンとする異性の言動」とのテーマでトークを繰り広げている最中、司会の明石家さんまがゲストの女優・吉高由里子に向かって、「お前のオムライス美味しいから作って」と演技しながら男の言動を提示。吉高は悪くないとの感想を抱いた様子だったが、大島は「お前、ヤダぁ」と一言。異性を“お前”と呼ぶことに不快感を示した。

 それを聞いたさんまは、「東京の人はびっくりするみたいで、ドラマでお前って言っただけでも女優さんびっくりしたことがあったから」と過去の経験を踏まえながら、“お前”に対する女性の拒否反応の強さを指摘した。

 “お前”呼ばわりに嫌悪感をおぼえる理由について大島は、「お前って言われてると、なんか完全に支配物みたいな、物っぽく扱われている気がしちゃうんですよね」と持論を語り、複雑な表情を見せていた。

 これにウーマンラッシュアワーの村本大輔が「優子だったら?」と重ねて質問。大島は「優子、呼び捨てだと良いですね。でも優子ちゃんって言われたときはドキッとします。ちゃん付けとかは。めったいに呼ばれないからドキッとしますね」とも語り、共演していたハリセンボン近藤春菜と意気投合していた。

記事タグ