「どこまでも~How Far I’ll Go~(エンドソング)」を歌う加藤ミリヤ

 シンガーソングライターの加藤ミリヤが、ディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』(3月10日公開)の日本版エンドソング「どこまでも~How Far I’ll Go~(エンドソング)」を担当する。加藤は「“私は、モアナだ”と思いながらレコーディングしました」とその歌に込めた想いを語った。

 2014年に、空前の社会現象を巻き起こしたディズニー映画『アナと雪の女王』、2016年『ズートピア』のヒットに次ぐ、ディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』は、第89回アカデミー賞に「長編アニメーション賞」、「主題歌賞」の2部門にノミネートされ、『アナと雪の女王』と同じくW受賞に期待がかかっている。

 『モアナと伝説の海』は、海を愛し、海に選ばれた16才の少女である新ヒロイン“モアナ”が、ある日、愛する人々と世界を闇から守るという大役に戸惑い、悩みながらも仲間に支えられ大海原へ旅立つ物語。

 ディズニー作品初参加となる加藤は「12年くらい音楽をやらせてもらっていて、こんな気持ちになることはずっとなかった。すごくやりたかったことなので、本当に嬉しかったです。夢のような話でした」と起用が決まったときの喜びの心境を語った。

 彼女が歌うエンドソング「どこまでも~How Far I’ll Go~(エンドソング)」はモアナの心情を歌った物語の重要な曲。16年間島の外に出ることを禁じられたモアナが、海への憧れや、島の外にでることを決意する気持ちが歌われている。

 そんな曲にこめた想いを加藤は「“私は、モアナだ”と思いながらレコーディングしました。彼女には自分の世界を広げたいという強い思いがある。私の歌でモアナの意思や気持ちの強さが伝わるような歌になったらいいなと思いました」と明かした。

 モアナは両親の期待に応えたいが、自分で決めた道を進む。しかし、冒険の途中で様々な悩みや葛藤に直面する。そんな姿に加藤は「“自分が決めたことを信じる“というメッセージは、私が普段書いている曲の中でも表現しているので、すごく共感しました」とコメント。

 さらに「モアナと同じ16才くらいの時って『自分でなんとかしなきゃいけない』となんとなく思っていたのですが、この映画ではたくさんの人が助けてくれたり、見守ってくれている人々の存在のパワーって、すごく大きいなと思いました」と等身大のヒロインの姿に共感できたと語った。

 ディズニーの担当者は、加藤ミリヤを起用した理由について「本作のエンドソング“どこまでも ~How Far I’ll Go~(エンドソング)”は16才のモアナの葛藤や一歩踏み出す勇気を描いていますが、劇中でモアナが歌い上げる“どこまでも ~How Far I’ll Go~”とはアレンジが異なり、映画を観終わった人たちが作品を思い返しながら聴く、エンドロールでかかる曲です。現代の女性の等身大の歌詞を歌い続けられてきた加藤ミリヤさんなら、きっとモアナの心の葛藤を素晴らしい歌声で日本中に届けて頂けると思いました」と語っている。

◆加藤ミリヤとは 1988年生まれのシンガーソングライター。2004年に「Never let go/夜空」でデビュー。リアルで等身大な歌詞とメロディセンス、生きざまが支持され瞬く間に“女子高生のカリスマ”として注目を集めた。ファッションデザイナーとしても活躍する彼女の髪型やメイク、ファッションを真似する“ミリヤー”現象を巻き起こし、2010年の『VOGUE JAPANWOMAN OF THE YEAR 2010』に選ばれる。現在は小説家としても才能を発揮。デビュー12周年を経て、現在も現代女性の愛や葛藤を歌い続けている。

■作品情報

『モアナと伝説の海』

公開:3月10日全国ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C) 2016 Disney. All Rights Reserved

この記事の写真

記事タグ