三浦大知「EXCITE」

 歌手の三浦大知が18日に発売した最新シングル「EXCITE」が、発売初週に3万枚を売り上げ、30日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:16日〜22日)で初登場1位を獲得した。三浦にとってシングル・アルバム通じて、またFolder時代を含めても初のオリコン1位獲得。キャリア20年目での悲願達成となった。また、アルバム部門では女性ダンス&ボーカルグループ・E-girlsの最新アルバム『E.G. CRAZY』が1位となり、オリジナル盤としては1stアルバム『Lesson 1』から4作連続の1位獲得になった。

 「EXCITE」はテレビ朝日系で2016年10月から放送されている『仮面ライダーエグゼイド』の主題歌に起用されている。三浦は、22日に東京・国立代々木競技場第一体育館でファイナルを迎えた全国ツアー「DAICHI MIURA LIVE TOUR 2016 (RE)PLAY」でも毎公演で披露し、各会場を盛り上げた。

 三浦は1997年8月にボーカルグループ・Folderのメインボーカル・DAICHIとして9歳でデビュー、2005年3月にソロデビューした。

 三浦の関連音楽作品で、これまでの最高位はシングル・アルバムいずれもソロ作品。シングルでは2014年12月に発売された「ふれあうだけで〜Always with you〜/IT'S THE RIGHT TIME」が獲得した6位、アルバムでは2015年9月発売の『FEVER』が獲得した3位が、それぞれ最高だった。

E-girls「E.G. CRAZY」

 シングル2位は男装ユニット・風男塾の最新シングル「証-soul mate-」が初週売上2万4000枚で初登場。同ユニットのシングルTOP5入りは、「BE HERO」(2014年9月発売)が2位を獲得して以来5作ぶり、通算3作目となる。

 そして、Mr.Childrenのシングル「ヒカリノアトリエ」が週間売上2万207枚で3位にランクイン。初登場1位を獲得した先週に続いて2週連続のTOP3入りとなった。

 アルバム部門ではE-girlsの最新アルバム『E.G. CRAZY』が、発売初週に9万3000枚を売り上げ、週間アルバムランキング(集計期間:16日〜22日)で初登場1位を獲得した。

 E-girlsのアルバム1位獲得は通算4作目で、オリジナル盤としては1stアルバム『Lesson 1』(2013年4月発売)から4作連続。また今作は、2ndアルバム『COLORFUL POP』(2014年3月発売)の初週売上9万枚を上回り、E-girlsのオリジナル盤としては最高の初週売上を記録した。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)