Kis-My-Ft2のメンバー4人で構成されるユニット「舞祭組」が20日、テレビ朝日系『ミュージックステーション2時間SP』に生出演。ユニットをプロデュースした元SMAPの中居正広への“感謝”を歌った楽曲として話題の新曲「道しるべ」を生歌唱すると、ネット上で大きな反響が巻き起こった。

 「舞祭組」は中居がプロデュースした4人組ユニット。「自虐ネタ満載の新ジャンルを開拓」していることを紹介。今回、生歌唱する楽曲「道しるべ」は、舞祭組の4人が作詞作曲を初めて自ら担当。「大切な人への愛と感謝」をテーマにしている。

 司会のタモリとのトークで、二階堂高嗣は「気づいたら、2年近く出してなくて、4人で集まった時に、舞祭組どうなってんのかな。曲を出せるかわからないけど、4人でとりあえず何かしら作ってみよう」との気持ちから10日間の合宿を敢行。千賀健永は「ぶつかり合いながら僕たち4人で作詞作曲をさせてもらった」と曲作りに励んだという。

 さらに、宮田俊哉は「フルコーラスを歌えることは生番組では、なかなかない」と緊張していることを明かす。間奏には台詞もあり、「噛まないようにする」ことが課題と言及。すると、出演していたジャニーズ事務所の先輩、KinKi Kidsの堂本光一は「俺らもドキドキする。なんかザワザワする」と苦笑いを浮かべ、堂本剛も「バラードでしょ? ザワザワする~」と重ね、独特の方法で舞祭組のメンバーに檄を飛ばしていた。

 舞祭組の「道しるべ」は発表当初から、プロデュースを担当した中居への感謝をこめた楽曲としてファンの間で話題になってきた。歌詞の随所にそうしたメッセージがこめられているとされ、<輝くペリドットが心を繋ぐ絆♪>の“ペリドット”は8月の誕生石。8月18日が誕生日の中居を例えているとの指摘が挙がるなど、“感謝”をこめたメッセージソングに仕上がっている。

 舞祭組の歌唱中から、ツイッター上には中居やSMAPのファンがコメントを続々と投稿し、「舞祭組の4人に泣かされる日が来ようとは…中居さんも嬉しいだろうな」「なにこのSMAP愛溢れてる感じ」「もう涙が出ました。あの子達は本当にSMAPが中居くんが大好きなんです」などと感激する声が挙がった。

 さらに、視聴者は番組の演出にも“SMAP”を感じ取っているようで、「セットにSMAP感もすげぇ」「泣けるかっこいい。セットも5つの星」「センターに星5ツ両脇に星3つ! 中居くんに届いてるし、SMAPにも届いてる!」「大きい星からのびる四つの道。中居さんが開いてくれた四人への道」などのコメントが見られる。

 ステージには、歌唱する4人の背後に五角形の星が中央に5つ、左右に3つずつ置かれ、床には大きな星から4本の線が伸びている。中居やSMAPのファンはそうした演出を施した番組に対し、「舞祭組ちゃんのセット見直してきたけどMステさん素晴らしすぎる」などと感謝する声も続々と寄せている。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)