公開レコーディングに参加したデーモン閣下と、その様子を見学した羽田圭介氏(撮影・村上順一)

 ミュージシャンのデーモン閣下(聖飢魔II)が18日、都内で、芥川賞作家の羽田圭介氏が作詞した新曲「Stolen Face」の公開レコーディングをおこなった。聖飢魔IIのファンを公言する羽田氏もこの日は見学。オファーを受けた当時を回顧し「断るという選択肢はなかった」と感激した様子で語った。一方の閣下は「自分が書く詞の新しい扉を開けられたかもしれない」と刺激を受けたと述べた。

 新曲は、3月15日に発売される、デーモン閣下としては5年ぶりとなるソロアルバム『EXISTENCE』に収録。同曲の作詞は、聖飢魔IIのファンである羽田氏が手掛け、それをもとに閣下が作曲。アレンジはスウェーデン人のサウンドプロデューサー、アンダース・リドホルム氏がおこなった。

 羽田氏のほかにも同アルバムには、芥川賞作家の長嶋有氏、アニメ『テラフォーマーズ』原作者の貴家悠氏がそれぞれ作詞を担当した楽曲が収録される。羽田氏を含め3氏は今作で作詞家デビューを飾る。

 閣下と羽田氏がスタジオに登場すると挨拶もそこそこにレコーディングが開始。イヤーモニターを装着し、マイクチェックの後、フルコーラスを熱唱した。憧れのミュージシャンを前に羽田氏はやや緊張した面持ちでその様子をみていた。

 レコーディングを終えた閣下。その後の質疑応答で「想像していた楽曲のイメージは近かった?」と投げかけると、羽田氏は「サビにいく前は自分のイメージに近くてびっくりしました。アレンジはイメージとは違かっていた」とシャッフルのリズムは想定外だったことを明かした。

 これに閣下は「気に入らない?」と冗談交じりにツッコんで場を和ませた。また、司会者からは「曲を採点したら何点ですか?」という質問。羽田氏は「僕がですか?」と戸惑いながらも「120点です」と太鼓判を押した。

 羽田氏との出会いについて閣下は「一昨年に聖飢魔IIが再集結と前後して、羽田君が芥川賞を受賞して、その中で聖飢魔IIが好きだということを知ったんだよね。そこから興味を持って、聖飢魔IIの再集結にも顔を出してもらった」とも。

 今回の作詞の経緯については「新しいチャレンジを心がけていて、面白いのないかなと、スタッフと探している時に、歌詞を別の人に書いてもらうというのはありだね」と4〜5人出てきた候補者の中の一人が羽田氏だったことを話した。

 本作で作詞家デビューになる羽田氏は「依頼された時はどうしようという感じでした。本当に光栄であることと同時に、自身が関与するということは、とんでもないという思いがあって。断るという選択肢はなかった」と、憧れである聖飢魔IIのデーモン閣下の依頼に驚いたという。

 歌詞と小説との違いについては「自分が何を言いたいのか、自分を掘り出すというところは小説とあまり変わらなかったです」とも。

 更に「数分間という曲の中で、直接的すぎるものではなくて、ある程度抽象的な方がいいかなと思い、そこにフィットした言いたいことをセレクトしていくという感じだった。それを新幹線や自宅で状況を変えて客観視しながらやっていました。言いたいこと、社会的なメッセージがなくなってきた時に出てくるものが、純粋なる歌詞なんじゃないかなと思いました」との考えを示した。

 これに閣下は「やり終えてみて詞が先の方が良かった? それともメロディがあったほうが良い?」と投げかけると、羽田氏は「ひょっとしたらメロディ先のほうが楽かもしれないです」と回答。閣下は「じゃあ次はメロディ先で」と次作への布石も置いた。

 そんな羽田氏にも大学時時代はバンドをやっていたそうで、オリジナル曲「悪魔の就職666」で作詞を担当した経験も。その話を聞いた閣下は「歌いましょうか?」とサービス精神もみせた。

 今作のプロジェクトについて閣下は「どんな詞でもちゃんと世に出すという約束でおこなった。自分が作詞作曲した時よりも神経を使って曲は作ったかもしれない」とし、羽田氏の歌詞に「666点! 700点でね」という点数を付け、高く評価した。

 ニューアルバムについて閣下は「自分で書いた詞は、依頼した3人から刺激を受けた部分もある。自分が書く詞の新しい扉を開けられたかもしれない」と3氏の歌詞から刺激を受け、相乗効果が生まれたと述べた。(取材・村上順一)

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)