V6の長野博が11日放送のフジテレビ系『TOKIOカケル』に出演。ジャニーズ事務所の後輩、“タッキー”こと滝沢秀明と長野が「似てる」と話題になったことが明かされたが、滝沢ファンから全力で否定されたという。

 この日の放送では、V6内ユニット「トニセン」の坂本昌行、長野、井ノ原快彦がゲスト出演。最近の若手ジャニーズタレントの話で盛り上がる中、TOKIO松岡昌宏が「滝沢はかっこいい。あいつのプロ意識はすごい」と滝沢の姿勢にリスペクトを贈った。

 すると、井ノ原が、滝沢が入所してきた当時を振り返り、「本当に可愛くて、ちょっと長野君に似てるって言われてた」と、長野と滝沢が似ているとして話題になっていたことを明かした。

 うなずく長野の横で井ノ原は、滝沢と長野にまつわるエピソードを紹介。「コンサートの時に、『滝沢君、僕に似てるって言われるんです』って長野君が言ったら、ファンの子が『きやー、違うー』って」と、滝沢と長野が似ていることを滝沢のファンは全力で否定してきたという。

 苦笑いを浮かべていた長野は「V6のコンサートのMCで、『タッキー似てるんです』って言ったら、『えー』って言われて。俺も『えー』って」と、自分たちが主役となるステージで起きた出来事に、困惑したことを自虐的に語った。

 TOKIO国分太一は「長野君、メインになれねえなあ」と残念そうに語ると、長野は「なれないね」と苦笑いで自身の境遇をしみじみと語っていた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ