「DAVID BOWIE is」日本展のオフィシャルサポーターになった二階堂ふみ

 昨年1月に亡くなった英アーティストのデヴィッド・ボウイさん(享年69)の大回顧展『DAVID BOWIE is』のメディア内覧会が5日、東京都・天王洲の寺田倉庫で開催された。本展は英・ロンドンを皮切りに世界9カ国を巡回し、日本独自の展示も用意されている。また、本展のオフィシャルサポーターとなった女優の二階堂ふみ(22)はトークセッションをおこない、「これからもずっと追いかけ続けたい」とボウイさんに対する熱い想いを語った。

 『DAVID BOWIE is』は全世界で1億3000万枚以上のアルバムセールスを記録し、音楽のみならず「20世紀で最も影響力のあるアーティスト」として、その50年という長い創作活動をおこなってきたデヴィッド・ボウイさんの作品やステージ衣装など300点を超える品々を展示している。2013年にロンドンを皮切りに世界9カ国を巡り、アジア初となる日本展が8日から4月9日まで開催される。

 日本展では、1983年に公開された映画『戦場のメリークリスマス』でボウイさんと共演した、坂本龍一と北野武の2人が改めて当時を振り返る撮り下ろしインタビューが放映される特別展示も用意されている。

デヴィッド・ボウイさんについて語った二階堂ふみ

 二階堂は展覧会を鑑賞した後、トークセッションをおこなった。ボウイさんについて「引き出しが沢山ある人で、これからもずっと追いかけ続けたい」と亡くなっても、なお憧れの人であるという。

 展覧会については「若かりし頃のボウイを知ることができることが素晴らしい」と語り、山本寛斎氏の衣装を観れてゾクゾクしたと興奮した様子。

 二階堂は16歳の頃に、ボウイさんの1971年のアルバム『ハンキー・ドリー』に収められている楽曲「チェンジス(Changes)」を聴いて「前向きに生きていこう」という気分になったという。同曲については「これからもずっと聴いていきたい曲」と特別な思い入れがある様子も見せた。

 さらに二階堂はボウイさんについて「変化を恐れないで、新しいことをやり続けてきた人」とその姿勢に敬意を払った。

 トークセッション後には囲み取材に応じ、年末はニューヨークで過ごしたことを明かした。また、今年は「前向きに楽しく過ごしたい」と抱負を述べた。(取材・松尾模糊)

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)