デヴィッド・ボウイさんについて語った桃井かおり(撮影・松尾模糊)

 昨年1月に亡くなった英アーティストのデヴィッド・ボウイさん(享年69)の大回顧展『DAVID BOWIE is』のメディア内覧会が5日、東京都・天王洲の寺田倉庫で開催された。本展は英・ロンドンを皮切りに世界9カ国を巡回し、日本独自の展示も用意されている。また、この日訪れた著名人が内覧会後にメディアの囲み取材に応じた。女優の桃井かおりは「やっぱりオリジナルって凄いね」と未だに強い印象を与える彼のカリスマ性を語った。

 『DAVID BOWIE is』は全世界で1億3000万枚以上のアルバムセールスを記録し、音楽のみならず「20世紀で最も影響力のあるアーティスト」として、その50年という長い創作活動をおこなってきたデヴィッド・ボウイさんの作品やステージ衣装など300点を超える品々を展示している。2013年にロンドンを皮切りに世界9カ国を巡り、アジア初となる日本展が8日から4月9日まで開催される。

 日本展では、1983年に公開された映画『戦場のメリークリスマス』でボウイさんと共演した、坂本龍一と北野武の2人が改めて当時を振り返る撮り下ろしインタビューが放映される特別展示も用意されている。

デヴィッド・ボウイさんの衣装を手掛けたことのある山本寛斎氏(撮影・松尾模糊)

 この日の内覧会のために5日に帰国したという女優の桃井かおりは「古くなっていない。やっぱりオリジナルって凄いね」と強烈な個性でカリスマとして常に時代を牽引してきたボウイさんを改めて称賛した。

 さらに桃井は「あの当時、私の部屋でもボウイは絶対に流れていた。イギリスの友達にラジオをテープに録ってもらって、すぐ送ってもらって新曲だった『ヒーローズ』などを聴いてた。音楽を掴みにいってた」と当時、最新の音楽に対して貪欲だったことを振り返った。

 ファッションデザイナーの山本寛斎氏は1973年に、ボウイさんのステージ衣装を手掛け、本展でもその衣装が展示されている。

 ロンドンの展示会にも招待されていた山本氏は「サウンドシステムが素晴らしい」と日本展の環境が、更にに良くなっていると褒めた。

 また、山本は衣装について、ボウイさんからほとんど注文は無かったと言い、「ボウイさんの息子と、私の娘が同じ年くらいで表参道の『キディランド』に子どもたちを連れて行ったことを覚えています」とボウイさんとの思い出を語った。

 ボウイさんと生前、交流もあったスタイリストの高橋靖子氏は「展覧会を観ていて、まるで彼が側に居るように感じた」と交流があった時期を懐かしんだ。(取材・松尾模糊)

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)