恋ダンスを披露する星野源(写真はリハーサル時)

 【第67回NHK紅白歌合戦、31日、NHKホール】社会現象にもなった「恋ダンス」が紅白の舞台でも実現した? 2年連続出場の星野源は、高視聴率をマークしたTBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』主題歌「恋」を披露した。

 ゲスト審査員に、同ドラマで共演した新垣結衣が出演することもあって、星野と新垣による「恋ダンス」共演も期待されていたが、本番では新垣は自席で笑みを浮かべるだけで、歩み寄る様子もなければ、踊る様子もなく。

 「恋ダンス」の場面でも星野源が踊るのみ。恋ダンスの夢共演はならずか、と思われた終盤、カメラが新垣をアップすると、再び笑みを浮かべて座りながらの恋ダンスを披露。ステージと審査員席とやや離れた場所での共演となったが、視聴者からネットを中心に絶賛の声。「再び見れた」「嬉しい」などといった喜びの声があがっている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)