第67回NHK紅白歌合戦

 第67回NHK紅白歌合戦の公開リハーサルは28日に始まり、本番日である31日まで、会場となるNHKホールでおこなわれている。28日・29日は音合わせ、30日は司会を交えて全体の流れを確認した。5度目の出場となる三代目 J Soul Brothersはリハ初日となる28日に音合わせをおこなった。

 入場前から、ステージ袖口から今市隆二、登坂広臣の発声や歌声が聴こえてきた。彼らがパフォーマンスするのは11月に発売された、最新シングル「Welcome to TOKYO」。パワフルなEDM曲だ。

 リハーサルでは、音合わせの序盤に音が途切れて、確認をやり直すハプニングもあったが、メンバーたちは冷静。気を取り直したテイク2で音合わせを終えた。リハーサルながらも、キレのあるダンスをみせるとともに今市、登坂は美声を轟かせた。

 短い時間で確認を終えたメンバーたちは、そのままクールに退場していった。本番のパフォーマンスにも期待が高まる。(取材・小池直也)

この記事の写真

記事タグ