囲み取材に応じたE-girls

 【第67回NHK紅白歌合戦、29日、リハーサル2日目、NHKホール】リハーサルを終えたE-girlsが囲み取材に応じ、紅白への意気込みなどを語った。また、先日、北海道で交通事故に遭い、全治2~3カ月の重傷を負ったPKCZ(R)のメンバー、EXILE MAKIDAIらについて、Ayaは「早く元気になって頂きたい」とコメントした。

第67回NHK紅白歌合戦・写真特集

 リハを終え、Amiは「セットがいつもと違うので、上手くいくかな、という不安はあります。でも、華やかなステージになると思います」と紅白仕様のスペシャルステージで大みそかを盛り上げることに意欲を示した。

 Ayaも「ラスト40秒はダンスのみのステージでほかのアーティストさんにはない魅力を見せられると思います」と本番への確かな手ごたえを掴んだ様子。

 パフォーマーの藤井萩花は、10月に妹の藤井夏恋との姉妹ユニット「ShuuKaRen」として歌手デビューを果たした。今年を振り返り、萩花は「歌うことに初めて挑戦させて頂いたんですけど、自分の中で表現の幅が広がり楽しめました。今年は本当にたくさんの経験をさせて頂いたので、それを自分の力にして頑張っていきたいです」とこれからの活動にもつながる1年だったと語った。

リハの様子。ダイナミックな演出のE-girls

 E-girlsは、28日にデビュー5周年を迎えた。Ayaは「メンバーよりもファンの方が祝福のコメントをとても沢山頂いたので、本当に皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです」と5年間支えてくれたファンに感謝の気持ちを述べた。

 また、先日、所属事務所の先輩であるEXILE MAKIDAIらを乗せたワゴン車が北海道で交通事故に遭い、MAKIDAIが肋骨(ろっこつ)骨折や肺挫傷などの全治2〜3カ月の重傷を負った。EXILEリーダーのHIROは28日、入院中のMAKIDAIとVERBALに面会したことを公式サイトで報告していた。

 事故についてAyaは「HIROさんが、2人は歩けるところまで回復されたとコメントされていたので、少し安心しています。早く元気になって頂きたいなとメンバー一同祈っております」と早期回復を願った。(取材・松尾模糊)

記事タグ